【同人レビュー】「ヌルネバ☆スイマ~!!」ナビエ遥か2T フルカラー漫画(ヌルネバーランド)

「ヌルネバ☆スイマ~!!」レビュー・感想

ヌルネバ☆スイマ~!!
水泳部生徒と顧問のドロドロえっち

ヌルネバーランドのオリジナルコミック「ヌルネバ☆スイマ~!!」がC96にて頒布されました。

ずっと気になっていた教え子の二度目の告白を契機に、誰もいない部室でローションぬるぬるイチャラブ背徳セ〇クスする話です。思わず手が伸びてしまう表紙ですが、その中身は感嘆の声が漏れるようなクォリティーでした。どの部位も書き込み具合が凄絶でえげつないです。何処もかしこもむっちむちな肉感女子の魅力を余すところなく堪能できる良作でした。ただし、一つ注意があります。

それはヒロインが処女ではないこと。実は一時だけ付き合っていた女癖の悪いチャラ男の彼氏がいて、処女を捧げた非処女です。その背景には一度教え子の告白を断っている過去があるので、「失恋のショックから捨て鉢になって先輩からの告白を受け入れた」のかもしれません(経緯の詳細がないので憶測)。謳い文句の「甘酸っぱくてほろ苦い」の「ほろ苦い」はそういう意味だったのかとようやく悟りを得ました。

個人的に純粋な和姦モノだと思っていたので、にわかに不快感を覚えました。最後は先生と添い遂げて無事ハッピーエンドですが、筆者の中ではいまいちハッピーになりきれない作品となってしまいました。

シーン描写・プレイ内容


シーン描写に関して、最大の魅力と言っても過言ではない肉感ボディーが様々なアングルから描写されていて、非常に良かったです。また肉感だけでなく、部位ごとの揉み心地、触り心地、接触した際の潰れ具合などと言った質感も至妙に表現されています。サンプル画像で食指が動いた方は期待を裏切られることはないはずです。

シーンの様相は理性のタガが外れた雄雌の絡み合いで、情熱的で野獣的な力強さがありました。息つく暇も与えない怒涛の猛攻に「滅茶苦茶にしてやる(犯されたい)」という思念をひしひしと感じました。内容的には結構ハードですが、アヘ顔、白目など下品に振り切っていないので、その手の描写が苦手な人も大丈夫かと思います。


プレイ内容に関して、ソープを基調としたローションぬるぬるイチャラブセックスとなっています。またプレイ中の服装は、序盤エロ水着、中盤~終盤全裸となっています。 具体的な内容は以下の通り。

ローションの塗り合いを皮切りに、(ヒロインが)頬や耳穴を舐めながら太腿に挟んで手コキ、対面立位でディープキスしながら素股、正常位やバックによる生ハメ、全身に精液ぶっかけ、バックでアナルセックス、パイズリ(マーキングと称して精液を胸に塗り込む)、バキュームフェラ、最後は正常位中出しでフィニッシュ。過去作でもそうでしたが、ヒロインの舌遣いが滅茶苦茶エロいので必見です。

ヌルネバ☆スイマ~!!
水泳部生徒と顧問のドロドロえっち
おすすめの記事