【同人レビュー】「AV女優さやか人格矯正記録」生意気女に強制クリ責め地獄(餅犬製作所)

【オススメ】「AV女優さやか人格矯正記録」レビュー・感想

AV女優さやか人格矯正記録
絶頂しても終わらない地獄のクリ責め!

餅犬製作所のオリジナル同人誌「AV女優さやか 人格矯正記録」がC96にて頒布されました。

売れっ子ゆえの温情で手加減されているにも関わらず、責め方が生温いとつけ上がり増長する高慢ちきなAV女優の腐った性根をクリ責め調教で矯正する話です。傲慢な態度が拷問に等しい調教を経て、しおらしくなっていく様が何とも堪らない作品です。

相変わらず潮吹きが限界突破してました。手マンや潮吹き好きならまず間違いないです。

導入2ページ、本編24ページ、表紙含め総32ページのモノクロコミック形式の作品です。


身動き取れないように手足を縛りあげ、AV女優として欠陥品のヒロインを修理して立派な商品に仕上げるための人格矯正調教が幕を開けます。

手始めに綿棒のような細いバイブを取り出せば「こんな弱々しい小道具に一体何が出来るのか」と不敵の笑みを浮かべて挑発してきます。お望み通りクリに宛がい微弱な振動を与えると、ほら見たことかと余裕に満ちた表情で勝ち誇るヒロイン。しかし、それも最初のうちだけ。微弱な振動が齎す「得も言えぬ何か」が自分の身体をゆっくりと蝕んでいることに気付いて柳眉を顰め、時間が経つにつれ「違和感」が膨れ上がり、やがて無視できないレベルの「快楽」に変わっていく。気付いた頃にはもう手遅れ。押し寄せる快楽の波に手足をガクガク震わせ始めます。


貧弱と評した小道具でクリをじわじわと責められて、最後にはみっともなく潮を吹きながら派手にイかされてしまいます。もはや取り繕う余裕も、生意気な口を叩く余裕もありません。自らが無能集団と揶揄したスタッフ達に翻弄され続け、傲慢で高飛車なAV女優様らしくない痴態の数々を晒してしまいます。慈悲も容赦ない調教がプロとしての矜持だけでなく、女としての尊厳も踏み躙っていきます。それもまだ序の口で、その先には更なる地獄が待っているというから最高です。


前作でもそうでしたが、基本的に本番なしです。前戯がむしろ本番で、初志貫徹、手マンとバイブによるクリ責め、Gスポット責めです。

泣いて叫んで許してもらえるほど甘くはなく一切の慈悲を持ち合わせない”無機質な”クリ責めで、何度も何度も強制潮吹き。間髪入れず、程よく仕上がった膣穴に二本の指を思いっきり突き刺し、掘削するようにゴリゴリとGスポットを擦りあげ、夥しい潮を吹かせる。あまりにも惨たらしく、死ぬほど苦しい絶頂地獄が延々と続きます。その様相はまさに手マン、潮吹きの限界突破。これほど突き抜けた作品は業界広しと言えども滅多に見られません。それも本番抜きで前戯に特化した作品なので、なおさらです。

手マン・クリ責め・潮吹きといったプレイが好きなら、まず買って損はない作品です。サンプル画像に期待して購入したとしても、その期待が裏切られることはないでしょう。自信を持って【オススメ】します。

餅犬製作所の関連記事

AV女優さやか人格矯正記録
絶頂しても終わらない地獄のクリ責め!
 
おすすめの記事