【同人レビュー】「メスガキろーちゃんのくーるびず」(ものくろサーキット)

「メスガキろーちゃんのくーるびず」レビュー・感想

メスガキろーちゃんのくーるびず
調子に乗ったろーちゃんを分からせ調教!
ものくろサーキットの艦これ本「メスガキろーちゃんのくーるびず」がC96にて頒布されました。

安定のメス〇キ分からせ本。遊び相手を求めて提督室にやって来たろーちゃんが、提督に構ってもらえないから好き勝手ち〇ぽで遊んでいたら(フェラチオ、金玉舐め)、調子に乗りすぎて、本気になった提督に容赦なくお仕置きされるお話。

本編19ページ、表紙あとがき含め、総21ページのモノクロコミック形式です。


椅子に座る提督に跨って、構ってアピールするろーちゃんですが、提督は無垢なおねだりを素気無く撥ね付けます。構ってくれない提督にしびれを切らしたろーちゃんは、無視を決め込んだ割には幼女の柔らかな感触にしっかりと反応している勃起ち〇ぽを取り出して、喉奥まで咥えたり、玉袋をもごもごしたり、尻穴を執拗にほじほじして好き放題。調子に乗って挿入しようとしたところで、提督に思いっきり貫かれて反撃という名の”お仕置き”が始まります。


調子に乗ったろーちゃんにひたすらお仕置きする分からせ本ですが、あどけなくていじらしい小さな女の子をボロ雑巾のように扱う容赦のなさが良くて、またそれに対するヒロインの反応も良かったです。

小さな膣穴にお腹から浮き出すほど巨大なモノで思いっきりゴリゴリ掘削させられたり、呼吸困難になるほど連続でイかせられたり、自分で漏らしたおしっこを舐めさせて掃除させられるなど、結構可哀想な目に遭っているのに呂律が回らなくなるほど気持ちよさそうに善がってイきまくる、調教済み雌犬のような反応を見せてくれます。


これは毎回言っているような気もしますが、racer先生の描くヒロインの表情はどれもケレン味(絶妙な誇張)があってとても良い。無垢で純粋な少女が浮かべる筈のない表情の数々に興奮必死でした。特にイキ顔や苦悶の表情などは、印象と実際の懸隔によるエロスだけでなく、屈服をまざまざと感じられてとても興奮しました。

racer先生の関連記事

メスガキろーちゃんのくーるびず
調子に乗ったろーちゃんを分からせ調教!
おすすめの記事