【同人レビュー】「おとなりNTR 後編」心は旦那、身体は隣人(ミルクフォース)

「おとなりNTR 後編」レビュー・感想

おとなりNTR 後編


ミルクフォースのオリジナルコミック「おとなりNTR 後編」が配信されました。偶然が重なり隣人に犯され、貞操と弱味を握られた人妻が、身体を提供するうちに隣人以外の快楽を受け付けなくなってしまう話。後編もとい快楽堕ち編。なかなか快楽を認めようとしない強情なヒロインだからこそ、女々しく喘いで他人ち〇ぽに善がる姿が際立っていて、とても良かったです。

描写はむっちり肉感的。一般的に見られるシチュエーションは一通り揃っており、シーン構図は官能的なものが多く、どれも見所でした。また分量、実用性に関しては前編・後編ともに申し分ありません。堕ち描写もしっかりとしているので、寝取られ要素重視の方にもオススメできる作品かと思います。

※理不尽な陵辱の末に「心は旦那、身体は隣人」という結末を迎えます。


弱味(隣人との不義行為の証拠)をどうにかするまで隣人との関係を解消できないヒロイン。そもそもの経緯が「デリヘル嬢と間違えて犯された」という理不尽極まりないものであるにもかかわらず「奥様のテクニックで私を満足させてくれたら、ビデオの中身を削除します。そして今後一切、奥様に手を出しません」などと提案する隣人に怒りを覚えながらも抗えず、隣人の言いなり状態。


反抗といっても、せいぜい「セ〇クスにテクニックも何もないでしょ」と噛み付く程度。しかし、その生意気な発言が仇となり、隣人の手マンテクであっさり絶頂してしまいます。

イかされたことにすら気付かない絶妙なテクニックで即イキしたヒロイン。今度は手マンによる寸止めプレイで絶頂をお預け。「即イキの快感」と「イけないもどかしさ」を知ったヒロインは、それが本番のお膳立てであったことにも気付かず、(隣人の思惑通り)勃起した肉棒を前に自分から跨って挿入してしまいます。


待ちに待った肉棒の感触に、だらしないアクメ顔を晒しながら派手に絶頂するヒロイン。このままじゃ頭がダメになると分かっていても、あまりの気持ち良さに身体が言う事を聞かず、感触を確かめるように何度も腰を振ってしまいます。


すっかり乗り気になってしまったヒロインはその後も腰を振り続け、乳首を思いっきり引っ張られて潮吹き絶頂します。

おじさんの猛攻はまだまだ止まりません。絶頂し過ぎでぐったりとしたヒロインの腰を持ち上げて無理やり挿入し、大量の精子を流し込んで種付けすると、汚れたち〇ぽを掃除フェラさせ、意識が朦朧とするヒロインに容赦なく寝バック。体位を変えつつ抽送しては射精を繰り返し、終わる頃には全身精液塗れでした。


隣人に言われた通り、独学でテクニックを磨いたヒロイン。あれだけ身体を求められたにもかかわらず、 覚えたてのパイズリを披露して関係解消と終わりは随分とあっさりしたものでした。しかし...。


旦那とのセ〇クスで心は満たされても、隣人との苛烈なセ〇クスを覚えた身体は満たされず...。悶々とした日々を過ごしていたところ、ベランダで壁越しに挿入されて、「隣人ち〇ぽの気持ち良さ」を思い知り、今度は自分から肉体関係を求めてしまいます。


隣人宅で思う存分肉欲に溺れるヒロイン。旦那とのセ〇クスで満たされなかった性欲があっさりと満たされてゆく感覚に、強情だった態度は次第に軟化し、はてに言われるがまま”セフレ関係”になってしまいます。

そして、セフレ関係となった二人は、爆睡する旦那の前で...。

ミルクフォース 関連記事

おすすめの記事