同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューサイトになります。

【オススメ】「~ロリビッチCG集~みゆちゃんの夏休み 後編」ロリコンおじさんを喰い尽くす!

2019/07/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -
kyarun20
同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューを毎日更新していく予定です。

~ロリビッチCG集~みゆちゃんの夏休み 後編
~ロリビッチCG集~みゆちゃんの夏休み 後編

ハムスターの煮込み待望の続編「~ロリビッチCG集~みゆちゃんの夏休み 後編」が配信されました。何もかもが”規格外”すぎる採算度外視の超大作。【オススメ】しない理由がありません。

基本CG45枚、総ページ数705枚という同業者も真っ青な圧倒的分量に、紙幅の許す限りびっしりと書かれたテキストの大群、文章イキ不可避なセンス溢れる文章力、ロリコン・近親相姦が性癖でなくとも性癖に目覚めさせられる得も言えない強制力、人の皮を被った獣が狂ったように腰を打ち付け、悲鳴のような嬌声で応える”オスとメス”の苛烈で下品極まる本気交尾。美点を挙げるとキリがありません。

これほどの熱量ともなれば、作品だけでなく、作者の創作に対するスタンスについても言及したくなります。

※モザイク処理はDLsiteの方が薄いです。

交尾大好きロリビッチのみゆちゃんが日課である”おじさん探し”のために街を歩いていると同人ショップの前でそわそわしているクラスメイトのかなちゃんを見つけます。どうやらエッチな本を買いたくて来たけど、勇気が出なくて躊躇している様子。えっちな分野に造詣が深いみゆちゃんは、かなちゃんの手を引いて堂々とえっちなコーナーに連れて行ってあげます。

フロアを見渡して一人の小太りなおじさんを見つけると、みゆちゃんは臆面もなくそのおじさんに話しかけます。何を隠そう百戦錬磨のみゆちゃんは、ロリコンかそうでないかを一目で見抜く洞察力があるのです。

クラスメイトの突飛な行動に狼狽えるかなちゃん。それを尻目にロリビッチ特有のフェロモンを出しながら、性欲の強そうなロリコンおじさんを「えっちな本を買ってくれたら、みゆのお〇んこみせてあげる」と誘惑するみゆちゃん。幾人ものおじさんを食い物にしてきたみゆちゃんの本気誘惑に理性を保てるわけもなく、このおじさんも多分に漏れず、誘惑に負けてしまいます。

コーナーの死角で躊躇なく”ぷにすじお〇んこ”を披露するみゆちゃん。一生に一度見れるかどうかも分からない背徳的な光景におじさんの鼻息も荒くなっていきます。異様なシチュエーションにあわあわするかなちゃんですが、本を買ってもらうからには披露するしかありません。葛藤の末、恥ずかしくて仕方ないと言わんばかりに顔を赤らめながら、スカートを捲し上げるかなちゃんですが、そこはもうびしょびしょに濡れていて…。

大量の本を買ってもらったみゆちゃんとかなちゃんですが、おまんこ披露だけでは割に合わないと、おじさんをトイレに連行します。

そこで繰り広げられるは、理性のタガが外れた獣同士の本気交尾。

豚のような鳴き声でひたすら腰を打ち付けるオスに、だらしなく開いた口から舌や涎を出しながら獣のような嬌声を上げてイキまくるメス。

その異様な雰囲気に当てられて、秘部に手を伸ばして股間を弄り始めるかなちゃん。大人しい顔してえっちなことに興味津々で、どんどんエスカレートしていく眼前の光景に、気付けば下着を膝下までおろして本気のマンズリを始めてしまいます。

その様子に気付いたみゆちゃんが、見せつけるようにフェラチオすると…こらえきれなかったのか、気付けばかなちゃんはおじさんのちんぽを咥えて、小さなお口で射精を受け止めていました。

その場はそれでお開きになったが、ロリビッチとしての才覚を見抜いたみゆちゃんは、かなちゃんを堕落させるべくあることを実行します。

満たされない性欲を弟君で満たそうとするかなちゃん

端的に言うと、みゆちゃんがかなちゃんパパを誘惑し、父親との本気交尾を見せつけて、発情したかなちゃんが”低学年の弟と本気交尾する”という流れです。かなちゃんがロリビッチとして目覚める切っ掛けとなるシーンです。

性欲を満たそうと必死な姉に、普段の様子と明らかに違う雰囲気を纏った姉に発情する弟君。ずっとしたくてしたくて堪らなかったセ〇クスの初めての相手が弟という背徳感と理性の欠片もない肉と肉にぶつかり合いが相俟って、とんでもなくエロいシーンになっていました。

かくして、かなちゃんとみゆちゃんのロリビッチ物語が始まります。

みゆちゃんは、おじいちゃんの隣で本気交尾!
かなちゃんは、サウナの中で滅茶苦茶に犯されてイキまくり!

前作では幼少期から父親の英才性教育を受けた生粋のロリビッチこと「みゆちゃん」がパパやお兄ちゃん、大きなお友達相手に猛威を振るっていましたが、本作から新たに、控えめで大人しそうなクラスメイトの「かなちゃん」が仲間入りします。一見すると積極的でグイグイくるみゆちゃんとは真逆のヒロインに思えますが、実は親に隠れてこっそり”エロ本を読む”のが趣味の変態娘で、どちらも「年不相応な変態」という点で通底しています。

見るからに”ロリビッチ”のみゆちゃんと見た目は普通の女の子だけど中身はみゆちゃんに匹敵するマゾ変態のかなちゃん、顕在的なロリビッチと潜在的なロリビッチ。ここに最高のロリビッチユニットが爆誕しました。死角なんてありません、最強です。

美点を挙げるとキリがない本作ですが、その中でも特に”本気交尾”の描写が凄い。かなちゃんの登場で前作よりもパワーアップしてます。

悲鳴のような喘ぎ声と荒々しい息遣いだけが支配する空間で行われる理性の欠片も感じられない本能と本能のぶつかり合い。そこに言葉も会話もありません。盛りに盛った獣同士の交尾が一度や二度の射精で終わるはずもなく、出した精液が水溜りになるほど射精しては挿入の繰り返し。まさに底なしの性欲、無尽蔵の情欲。”精根が尽き果てる”という表現がこれ以上なく相応しい本気交尾。

抜けるとかそういった次元ではありません。抜かされる。強制的に抜かされる。目の前の光景と同じように、何度も何度も射精させられる力がありました。

昨今の同人CG集は、たいてい読者受けしそうなジャンルを選ぶとか、流行を取り入れるだとか(最近だと寝取られ)、基本CGや差分を最小限に抑えて利益を得る構成にするとか、そういった営利的な意図や創作活動の背景が露骨に表れています。その考えを揶揄するつもりはありません。世知辛い世の中で創作活動を続けていくには資金が必要ですし、なにより製作者にも生活があるわけですから、利益を追求しようと思うのは当然のことです。(その結果「商業にない尖った作品」というものは年々数を減らしているように思えます。)

本作にはそういった営利的な意図が全く感じられなくて、「描きたいから描いてるんだ」という同人創作の本来の姿とも言えるスタンスや「ロリビッチ」というジャンルに対する深い愛情、情熱みたいなものがひしひしと伝わってきました。”規格外かつエッジの効いた”作品が生まれるのは必然だと思いました。

尖り具合や規格外の作品であることは、表記された分量やサンプル画像から伝わってきます。それだけでも「相場以上のお金を払ってでも買いたい」と思わせるような求心力がこの作品にはあります。にもかかわらず実際は定価1000円以下という相場を大きく下回るどころか底すら貫通するほどの破壊的な価格設定です。

そんな値段設定を見て、あぁこの人は利益云々よりも「自分の作品を多くの人に作品を読んでもらいたい」ということを第一に考えている人なのだと、同人作家かくあるべき姿勢に圧倒されました。本当に凄いです。

ロリコンの方もそうでない方、近親相姦に思い入れがある方もそうでない方も、どうか本作を手に取ってみて下さい。【オススメ】です。

関連記事

~ロリビッチCG集~みゆちゃんの夏休み 前編 レビュー・感想

~ロリビッチCG集~みゆちゃんの夏休み 後編
~ロリビッチCG集~みゆちゃんの夏休み 後編

~ロリビッチCG集~みゆちゃんの夏休み 前編
~ロリビッチCG集~みゆちゃんの夏休み 前編

この記事を書いている人 - WRITER -
kyarun20
同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューを毎日更新していく予定です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 同人CGレビュー&感想の館 , 2019 All Rights Reserved.