同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューサイトになります。

「秘密の娼館で亜人メイドを」レビュー・感想

2019/07/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -
kyarun20
同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューを毎日更新していく予定です。

秘密の娼館で亜人メイドを HD秘密の娼館で亜人メイドを HD

少女騎士団のオリジナル同人CG「秘密の娼館で亜人メイドを」が配信されました。この記事ではC95にて頒布された同人誌のフルHD版の紹介になります。電子媒体化に伴うユーザビリティーの強化ということで加筆・編集(一部塗り直し、背景や差分、追加文でボリュームアップ)され、読みやすく、そして見やすくなりました。

オリジナルなので世界観やキャラクターなど様々な情報が物語の進行に合わせてモノローグ形式で伝えられるわけですが、くどすぎず短すぎない絶妙な塩梅なので(為人と魅力を伝えてくれるので)編集云々を抜きにしても非常に読みやすかったです。ただ一次・二次創作に比べるとどうしても説明に費やす文字が多くなってしまい、地の文の吹き出しが作画の妨げとなっていると感じる箇所も少なからずあるので、絵に集中されたい場合はCGverをご利用ください。

なおプラットフォームの紹介ページに「ジャンル:調教」とありますが、ヒロインは4人とも既に仕込みが終わっていて従順なので調教要素はありません

「人間以外を奴隷化する」という不思議な魔法が掛けられた娼館で、メイドとして躾けられ、娼婦として調教された4人の亜人奴隷と肉欲に溺れる淫靡な物語。独特な世界観といいモノローグ調のテキストといい”読ませる同人CG”といった印象を受けますが、物語を前面に押し出しているわけではなく、あくまでも18禁描写を引き立てる為の要素にすぎません。シリアス描写は一切なく、亜人メイドをひたすら愛でることに集中しています。

一口に亜人と言っても種族・容姿・髪色・身長・体つき・性格が全く異なります。ただ共通して言えるのが亜人要素がマイルドに表現されていること。4人中2人は一目見て分かる程度には亜人(ミノタウルス・ハーフの足は蹄で普通の靴が履けないなど)ですが身体つきは人間そのもので、もう2人は亜人と人のハーフなので外見は殆ど人間と遜色ありません。亜人としての個を抑えることで、ヒロイン自身が持つ”個”が際立っていたように感じられました。外見だけでなく中身も愛せるキャラメイクといった感じです。

またクールで大人びた印象のロザリア(ヴァンパイア・ハーフ)が二人切りだと寂しがり屋で甘えたがりを見せたり、おっとりとした性格のマウラ(ミノタウルス・ハーフ)の嗜虐心を煽るような泣顔だったり、無邪気であどけないエルが誰よりも快楽に打ち震えていたり、内からしか分からない意外な一面も非常に魅力的でした。

シーンは基本的に1:1でハーレムシチュは一切ありません。上図のように4人一列に四つん這いのCGはありますが、それ以上でも以下でもありません。ここまでお膳立てしたのなら1枠でもいいから描いて欲しかったというのが本音です。

秘密の娼館で亜人メイドを HD秘密の娼館で亜人メイドを HD

この記事を書いている人 - WRITER -
kyarun20
同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューを毎日更新していく予定です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 同人CGレビュー&感想の館 , 2019 All Rights Reserved.