同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューサイトになります。

【オススメ】「婿殿は地縛霊」オナニーから始まる奇妙な純愛物語!(ヨールキ・パールキ)

2019/09/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
kyarun20
同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューを毎日更新していく予定です。

「婿殿は地縛霊」レビュー・感想


ヨールキ・パールキのオリジナル同人CG「婿殿は地縛霊」が配信されました。オカルト作品第五弾は幽霊屋敷に住む女の子と200年前の住人だった地縛霊の男の奇妙な純愛を描いた作品。一言では言い表せない独創的な世界観・テーマに惹かれ、独特な塗り・筆致に魅了されること請け合い。紛うことなき傑作です。

※過去作「事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~」のヒロインが登場しますが、ストーリーの根幹には干渉しないので、未読でも大丈夫です。


幽霊屋敷に一人留守番を任されたヒロイン。不気味な屋敷に一人置き去りにされた恐怖を紛らわせる為、オナニー三昧の日々を送っていた。正確には「恐怖を紛らわすため」が半分と実は「あることに対する」期待が半分。

そもそもヒロインの家族は性欲が強く、常日頃から開放的なオナニーがしたいと思っていたヒロインにとって家族の居ない今が絶好のチャンスだったわけです。


家族のいる間はバレないように悲鳴を押し殺し、満足に発散すること叶わなかった性欲が、何の柵もなく解き放たれる快感に酔い痴れ、事あるごとに膣を弄っては絶頂する開放的なオナニーに嵌っていきます。


ある時は広間の階段でロータを使い乳首やクリを激しく弄りながら絶頂。またある時は、一突きで子宮に届くほどの極太ディルドを容赦なく抽送して仰け反り絶頂。挙句、洗濯機を回しながらバイブを挿入し、洗濯機・バイブが齎す無機質な振動に酔い痴れ、潮吹き絶頂。

思いつく限りの変態プレイを試しては絶頂を繰り返す、まさに肉欲に溺れた性活を送っていました。

また地下室で見つけた時は、父親の秘蔵AVを見ながらバイブを出し入れ、映像の中の女が尻を叩かれて気持ちよさそうに喘ぐ姿を見て、興味本位で試してみると意外に気持ち良くて、新たな刺激が齎す快楽に打ち震えた。


盛り上がりもピークを迎え、絶頂寸前というところで、ふと誰かに尻を叩かれた感覚を覚えたヒロイン。後ろを振り返ると、そこには黒いローブを纏った骸骨頭の化け物が佇んでいて…。ヒロインの絶叫が屋敷中に鳴り響いた。


冒頭から中盤のシチュエーションはヒロインのオナニーがメインとなっています。特筆すべきシーンは全部です。全部。どのシーンもとにかく官能的。夢中になって膣を掻き乱す仕草や、余裕のない喘ぎ声、 恍惚に染まった表情など随所から「開放的なオナニーが気持ち良くて仕方ない、他のことが考えられないくらい気持ち良い」というヒロインの心情がひしひしと伝わってきます。性欲が強いという性質も如実に表れていて大興奮しました。


物語中盤では、突如現れた骸骨男の正体(地縛霊)と実体化した理由(誰かしらが解放した精力を糧として肉体が復元する)について語られています。要は幽霊屋敷たる所以がこの男にあり、ヒロインのオナニーで解放された精力を吸収して復活(実体化)したわけです。

怯えるヒロインを見かねた男は「幽霊屋敷から解放されるために肉体を取り戻す手伝いをして欲しい」と提案します。それは裏を返せば、姿を消せる男と一つ屋根の下、見られるかもしれないリスクを犯してオナニーをするということもでもあるわけです。しかし、幽霊屋敷の噂の払拭は悲願でもあって、両者を天秤にかけた末に、提案を受け入れることにします。


こうして始まった男との同棲生活。最初は懸念していた男との生活にも慣れ始め、また男の紳士的な態度に絆され、いつしか自分とは違う男の感触を思い浮かべてオナニーするようになります。

男に見られる状況を想像しながらバイブと電マを擦り当てて絶頂したり、壁に張り付けたディルドを男のモノに見立てて腰を打ち付けたりして、男との妄想セックスで絶頂することに快感を覚え始めます。


男が肉体を取り戻すたびにその想いは強く、理性では抑えきれないほど膨張し、耐え兼ねたヒロインは男に”おねだり”してしまいます。両手を取り戻した時は手マンや乳首弄りで気持ち良くなって、ち〇ぽが戻った時は葛藤しながらもセ〇クスをおねだりして…。行為は次第にエスカレートしていき、二人の仲も親密なモノになっていきます。

物語中盤から終盤に掛けて、奇妙な邂逅が結んだ奇抜な恋愛模様が描かれていました。シーンばかりに目が移りがちですが、本作は読み物としても面白いです。人の垣根を超えた恋愛ということで波乱の展開があったりもしますが、それをどう乗り越え、二人の関係が結ばれるのか見物です。


プロット、シナリオ、世界観、登場人物、作画(女体の造詣)、シーン描写、分量、どれも絶賛に値する作品でした。前述の通り、世界観構成や作画に関しては、群を抜いています。脱帽です。

どの過去作にも言えることですが、ヨールキ・パールキ作品には、ここにしかない要素が沢山あります。そして本作もまた然り。このサークルが手掛ける独創的な世界観に浸りたい、世にも珍しい奇妙な物語に触れたい、情動突き動かされるシーン描写を一目見たい、そう思わせるような求心力のある作品でした。感無量です。

ヨールキ・パールキ 関連記事


「孕み神と憑かれた姪」牽引力のある物語と劣情を駆り立てる淫靡な情事から目が離せない!
【オススメ】「婿殿は地縛霊」オナニーから始まる奇妙な純愛物語!
「軍隊式射精管理」凛々しく気高い女大尉の淫靡な業務記録!
【オススメ】「S家に嫁いだM嬢の日常」名家に嫁いだ女の調教録!
【オススメ】「事故物件×留学生」曰く付きの物件で得体のしれない何かに犯される!

この記事を書いている人 - WRITER -
kyarun20
同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューを毎日更新していく予定です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 同人CGレビュー&感想の館 , 2019 All Rights Reserved.