【同人レビュー】「独身中年男がギャルにハマる話」(いまのんでる)

「独身中年男がギャルにハマる話」レビュー・感想


いまのんでるのオリジナルコミック「独身中年男がギャルにハマる話」が配信されました。よくある援交モノかなと思いきや...。ノーマークでしたが、なかなか良い掘り出し物でした。

※一部ネタバレあり
※純愛ではありません



最寄り駅で出会ったギャルに今晩泊めてほしいと懇願されて渋々泊めてあげたら、見返りに”いかがわしいサービス”がついてきて...。一夜限りの関係のつもりがその後もずるずる続いて、(フェラチオ、パイズリなど)魅惑的な「宿代」にハマっていく話。

作品構成は全編モノクロで、表紙1ページ、本編45ページ(シーン描写はフェラ5ページ、パイズリ1ページ、本番14ページ)となっています。額面的にはやや割高ですが、中身はそれに見合った内容といった所感です。


中年サラリーマンの家に寝泊まりするギャルという歪な構図ですが、少女を取り巻く”ゆるい雰囲気”や少女の望まない事はしないという男の優しさもあって、あまり歪さを感じませんでした。だからこそ年の差的に恋愛に発展しなくとも、ギブ&テイクの関係で適度な距離感を保ったまま何事もなく平和的に終わるかと思っていたんですが...。あることが切っ掛けで関係が一気に歪んでしまうみたいな、思いのほかダーク気味なENDで驚きました。

以下、ネタバレ注意。









(関係の変化に伴って)前半の戯れのような性行為が、後半には快楽を押し付けるだけの一方的な行為に様変わりします。前半部のゆるいやり取りを見てきただけにギャップが強すぎて、かなりそそりました。

変化球をウリにした作品は評価が分かれることが多いのですが、本作のソレは個人的に良かったです。

おすすめの記事