【同人レビュー】「おっパブで指名したJKをおとした話。」(しとろんの杜)

「おっパブで指名したJKをおとした話。」レビュー・感想

おっパブで指名したJKをおとした話。


しとろんの杜よりオリジナル同人誌「おっパブで指名したJKをおとした話。」がCOMIC1☆15にて頒布されました。おっパブで働く不感症JKがおっぱい開発されて快楽を知ってしまう話。


今まで不感症だと思っていた女の子が1時間以上もおっぱいこねくり回されて、(ずっと無表情だったのに)今まで見せたこともないような蕩け顔を晒しながら、甘い喘ぎ声を漏らして連続イキしてしまいます。

クールで凛とした普段の振る舞いとのギャップはなかなかそそるものがありました。


シチュエーションは乳首責め(3ページ)、パイズリ(1ページ)、本番(5ページ)。本番は乳首を弄りながら対面座位で膣内射精の流れ。


テーマ自体は実用向きで、絵も可愛くて良いのですが、内容が前説6ページ、本編9ページ、表紙・おまけのグッズ絵等12ページと圧倒的描写不足で実用には不向きです。定価も771円なので絵買いでもない限り割に合わないと感じました。

※DMMの紹介ページだと内容に関する情報が詳細に明記されているのですが、メロンブックスだとページ数28と額面通りの情報しかないので注意。

【まとめ買い】OVERDRIVE選べる5本で6,960セット!
おすすめの記事