同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューサイトになります。

【オススメ】小原の休日 レビュー・感想

 
この記事を書いている人 - WRITER -
kyarun20
作者に想いを届けたい。そんな気持ちからレビューサイトを立ち上げました。同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューを毎日更新していく予定です。

小原の休日小原の休日

リンゴヤの二次創作本「小原の休日」がCOMIC1☆15にて頒布されました。ラブライブ! サンシャイン!!の二次創作ですが、原作を知らなくても大丈夫です。

小原家のご令嬢で幼馴染の鞠莉と淫靡な主従プレイ(主人公が主、鞠莉が従者)を描いた、我を忘れて自慰に耽りたい方にオススメの作品。COMIC1☆15のマストバイ作品と言っておきます。何もかもが別格でした。

和姦とは思えないような、背筋がぞわぞわするような背徳感、いやらしい雌の匂いがむわっと漂う淫靡な雰囲気、そして読者の劣情を一身に受けた快楽を貪り尽くす獣のようなセ○クス。

扇情的な衣装に身を包みオスの本能を刺激して、誘われるように挿入すれば、あまりの心地よさに程なく絶頂。たかが一度程度の絶頂で終わるわけがない。体位を変え、パイズリ、フェラチオ、バイブと趣向を変え、服を脱ぎ捨て、膣に肉杭を打ち据えて、セ○クスのことしか考えられなくなるほど絶頂に絶頂を重ねる。

ひたすら快楽を貪るような濃厚すぎるプレイ内容に度肝を抜かされました。これで滾らないわけがない、抜けないわけがない。抜きたくない時でも抜きたい気持ちにさせるような強引さ、我を忘れて抜き散らすような理性破壊。これはその類の同人誌です。

まず目に入る光景すべてがエロい。(立ちバックのシーンで)後ろから抽送する際に見える艶かしい背中とか、パイズリの胸の動かし方とか、奉仕中のM字開脚の姿勢で膣から精液が零れる光景とか、バイブ責めで両手を頭の後ろで組むドスケベポーズのまま絶頂に耐えるとか、結局耐えられなくてお仕置き電マとイマラチオで晒したイキ顔とか、水分補給しながらち○こ咥えさせる主従関係の縮図みたいな構図とか、寝バックで顔を枕に押し付けながら絶頂する姿とか、細かい要素を挙げるとキリがない。前説(最初の2ページ)以降すべてが抜き処みたいな感じです。

こんなに隅々まで抜けるのに定価1,000円以下(772円)で同価格帯でも24ページとか普通にあり得るのに、32ページですよ。正直な話、COMIC1☆15頒布作品の中でこの作品を買わない選択肢はないと思いました。文句なしの【オススメ】です。

小原の休日小原の休日

この記事を書いている人 - WRITER -
kyarun20
作者に想いを届けたい。そんな気持ちからレビューサイトを立ち上げました。同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューを毎日更新していく予定です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 同人CGの館 , 2019 All Rights Reserved.