同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューサイトになります。

「はじめての彼女がバイト先の怖い男性社員においしくいただかれちゃった話」間男しか幸せになれない一人勝ちENDが最高!

2019/09/12
 
この記事を書いている人 - WRITER -
kyarun20
同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューを毎日更新していく予定です。

「はじめての彼女がバイト先の怖い男性社員においしくいただかれちゃった話」レビュー・感想


あらくれた者たちの二次創作本「はじめての彼女がバイト先の怖い男性社員においしくいただかれちゃった話」がCOMIC1☆15にて頒布されました。ラブプラスでお馴染みの姉ヶ崎寧々が彼女持ちの強面巨漢に寝取られる話。一応二次創作の同人誌になりますが、元ネタを知らなくても十分愉しめます。また1本完結作品なので、敷居も低くて手が出しやすいと思います。

ページ数(40ページ)の割に定価771円とお値段控えめで、バックボーン・過程がしっかりしていて実用的と非常にコスパが良いです。毎度ながらのあらくれクォリティーに脱帽させられました。


本作なにが良いって「(間男には)可愛い彼女がいるクセに主人公の彼女(姉ヶ崎寧々)を寝取りたいからって、自分の彼女にヒロイン誘わせて、役割果たして邪魔になったから彼女を後輩の荒くれ者どもに預けて(犯させて)、その間に主人公の女を寝取る」みたいな最高の女とヤるためなら躊躇せず自分の女を利用する(犠牲にする)屑極まりない思考そして間男しか幸せになれない一人勝ちENDが秀逸なんですよね。一癖ある寝取られといった感じがあらくれ先生らしいなと思いました。


話の流れとしては、まだ生娘だった寧々さん(敬称以下略)を「酔わせて正常な判断を失わせてから襲う」寝取りの常套手段で組み敷いて、キスとかクンニとか前戯よろしく挿入されて処女喪失。このあっさりとした流れが却って(主人公が大切にしてきたヒロインの処女をあっさり奪われる)無慈悲さを際立たせていて非常に良かった。


そんな絶望に悲観する間もなく、追い打ちのように放たれた台詞「処女のま○こははじめてて挿れたち○この形になっちまうんだってよ」がまた精神をじわじわ蝕んでくる。自分の彼女のま○こが知らない間に別の男の形になってて、しかもこれから先どんな男とヤろうとも初めてヤった碌でもない男のち○こを思い出すわけですから敗北感も一入です。


忘れてならないのが間男にも彼女がいること。寧々が赤の他人に犯されている最中、彼女もまた赤の他人に犯されているわけです。あくまでも寧々メインなので(ワゴン車内で数人に囲まれて犯される)ごく僅かな描写だけですが「同時進行で犯されている」と思うと凄まじい背徳感でした。

あらくれた者たちの関連記事


人妻教師NTR修学旅行 レビュー・感想
はじめての彼女がバイト先の怖い男性社員においしくいただかれちゃった話 レビュー・感想



この記事を書いている人 - WRITER -
kyarun20
同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューを毎日更新していく予定です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 同人CGレビュー&感想の館 , 2019 All Rights Reserved.