【同人レビュー】「オジサン専用穴奴隷ミカ」(V-SLASH)

「オジサン専用穴奴隷ミカ」レビュー・感想


V-SLASHのオリジナルコミック「オジサン専用穴奴隷ミカ」が配信されました。力強いシーン描写は過去作から健在ですが、「もう少し尺があれば抜ける」という月並みな評価も相変わらずです。


「適当に相手するだけでお金がもらえる楽なオシゴト」のはずが、本気のオジサンを前に痴態を晒して屈服し、「オジサン専用穴奴隷」として文字通り身も心も捧げる生意気ギャルの屈服から堕落まで描いたヒロイン視点の作品。「Lust Ritual 性なる生贄」や「Dark Palace 淫欲の宮殿」といった独特な世界観から思い切った舵切りをされました。


援交モノによくある展開運びで目新しさに乏しいと言わざるを得ませんが、余計な描写が一切なく「善がり狂うギャルの痴態」を忠実に表現しています。オジサンの力強い抽送にはしたない惚け顔で応じる様は衝動的なエロスを感じずにはいられません。ただそれも作品自体が短尺であることから、「もう少し尺があれば抜ける作品」たらしめています。


作品構成は堕落前10ページ、堕落後6ページの計16ページ。前半戦は携帯弄りながらベロチューフェラチオを皮切りに、避妊具アリの後背位からベロチューしながら側臥位、ベッドにしっかり組み伏せられて避妊具ナシの正常位中出し。後半戦はベロチューしながら対面座位中出し、種付けプレス、正常位中出しでフィニッシュ。ベロチューしながら背面座位のボテ腹セ〇クスと完全敗北のエピローグで締め括られています。精液を注ぎながらベロチュー、挿入しながらベロチューのように「○○しながらベロチュー」の構図がミソのようです。

おすすめ商品
一回りも二回りも上のおじさんとのキスを嬉々として受け入れるヒロインの姿は中々にクるものがあります。


定価400円と相応な価格設定ではありますが、シーン描写の”勢い”を目の当たりにして、少し値が張っても30~40p規模の作品を刊行されるなら是非とも読んでみたい。そう思わせる技量を感じました。

【まとめ買い】OVERDRIVE選べる5本で6,960セット!
おすすめの記事