同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューサイトになります。

お泊りしたのはHなギャルお姉ちゃん達のお家でした レビュー・感想

 
この記事を書いている人 - WRITER -
kyarun20
作者に想いを届けたい。そんな気持ちからレビューサイトを立ち上げました。同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューを毎日更新していく予定です。

お泊りしたのはHなギャルお姉ちゃん達のお家でした

A極振りのオリジナル同人誌「お泊りしたのはHなギャルお姉ちゃん達のお家でした」がC95にて頒布されました。

経験豊富なお姉さん達が無邪気なショタ君を筆卸す姉ショタ本。慣れた途端に反撃したり、タガが外れて獣のようにとち狂ったり、増長するような展開はありません。主導権はずっとお姉さん達が握ったまま、あくまでも純粋に無垢なショタ君と経験豊富なお姉さんのえっちな戯れが描かれています。

 

都内在住の親戚のお姉さんからお泊りの誘いを受けたユウ君。一人都会に上京したユウ君は、超肉食系のギャルが三人もいることを知らず、完全に「鴨が葱を背負ってくる」状態。その諺の意味も状況も理解出来ないほどユウ君は”幼い”男の子なわけです。

紆余曲折あってお姉さんが待つ家に辿り着いたユウ君。出迎えたお姉さんのあまりにも刺激的すぎる姿に、緊張でたじたじになりながらも視線はしっかりと殆ど解放された胸元を捉えています。舐め回すような粘着質な不快さは感じられず、ただ純粋な興味と恥ずかしさを内包した視線にお姉さんの母性が擽られて…。超肉食系ギャル3人と一つ屋根の下、H三昧なお泊り生活が幕を開ける。

ヒロインのお姉さんは3人。ユウ君の親戚のメイお姉ちゃん、男勝りで八重歯が魅力の恋お姉ちゃん、泣きボクロに大人の色香漂う七希お姉ちゃん。彼女達は、ショタ好きのお姉さんだけあって「こんなことも知らないの~?」と無知なショタ君を小馬鹿にせず、ショタ君が言葉に出来ない潜在的な意思を「こういうことがしたいんだよね?」と代弁しつつ「こういうことも一緒に勉強していこうね」と友好的かつ親切に接してくれます。

ただ親切といっても、6つのおっぱいに挟まれてわたわたする様子が「可愛くて仕方ない」という抑えきれない衝動的感情に由来するモノなので、意志を汲み取って導いてあげる時もあれば、過熱しすぎて”食べられてしまう”こともあります。

性知識のないショタ君は最初から最後までされるがまま、なすがまま。故にシーンの大半は受動的です。

内容は包茎を剥いてフェラチオを皮切りに、ひとしきりおっぱいを触らせたり吸わせたり、パイズリで精通を迎えた後、寝室で筆卸の流れ。徹頭徹尾「翻弄される側」のショタ君にお姉さん達を感じさせられるほどの技量も男らしい逸物もありません。

挿入から射精まで完璧に補助されて、泣くほど気持ち良い快楽に踊らされて、えっちな知識を植え付けられながら順繰りに挿入、或いはW尻コキ、そしてまた挿入と覚えたての知識を定着させるように、えっちな戯れに耽るわけです。

”数多のショタを食い物にしてきたお姉さん達の性技に思う存分弄ばれる”姉ショタの真骨頂にして醍醐味を心ゆくまでご堪能下さい。

お泊りしたのはHなギャルお姉ちゃん達のお家でしたお泊りしたのはHなギャルお姉ちゃん達のお家でした

この記事を書いている人 - WRITER -
kyarun20
作者に想いを届けたい。そんな気持ちからレビューサイトを立ち上げました。同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューを毎日更新していく予定です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 同人CGの館 , 2019 All Rights Reserved.