同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューサイトになります。

「物乞いのサキュバス母娘を見つけたから苛めてやることにしたWw」涙無しには語れないどこまでも優しい物語。(影武者)

2019/09/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
kyarun20
同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューを毎日更新していく予定です。

「物乞いのサキュバス母娘を見つけたから苛めてやることにしたWw」レビュー・感想


サークル影武者のオリジナル同人CG「物乞いのサキュバス母娘を見つけたから苛めてやることにしたWw」が配信されました。

異星人の侵略として送り込まれたセクサロイドにより男女の価値観が逆転した世界。壮大な設定かつ現実とは無縁の世界観・物語ですが、”家族愛”という卑近なテーマには心を打つような”暖かさ”が感じられました。

購入当初は文字通り「サキュバス母娘を見つけたから苛めてやる」つもりでしたが、ほんの小さなことにも幸せを感じ、涙を流す彼女達の純真さに絆されて、いつの間にか「サキュバス母娘の幸せを願う」ようになり、最終的に「彼女たちが幸せになってゆく」様相を生暖かい目で見守る親戚のおじさんと化しました。

定価2000円越えと少々”値が張る”と感じるかもしれませんが、物語の裏にある複雑な背景、設定から”この人にしか描けない”強いオリジナリティーがあって、”この人が描いた作品”だからこそ読んでみたいと心の底から思わせるような秀作です。


男女の性的価値観が逆転した世界観


異星人の侵略として送り込まれた”生殖機能を持たないセクサロイド”との性交による人口減少に歯止めを掛けるべく、セクサロイドの回収を目的とした警察組織「セクサロイド対策課」の確立、またセクサロイドと人間の”性的魅力”の差を埋める為に生み出されたASチップによる人類の生態変化。それらによる間接的な被害を被った存在がサキュバスであり、またサキュバスにも人間社会に溶け込んだ一級サキュバスとプライドを捨てきれず、今まで通りの生活を望んだ二級サキュバスに分類される、という細かい背景があります。

主人公は前述した”セクサロイド対策課”に所属する警察官。業務はシンプルで街に蔓延るセクサロイドを回収するだけ。しかし、人外とは言え”感情を宿した”セクサロイドの回収は、心を通わせ匿う人間から”家族を奪う”ような行為でもあり、忌憚ない罵声を浴びせられることもある。強きをくじき弱きを助く正儀のヒーローに憧れた経緯あって志した職業が、蓋を開ければ「まるで自分が悪者」のような損な役回りなわけです。

おすすめ商品
画像では掲示板のような言い回しですが、本編では異なります。


そんな日々の仕事に疲弊した男が、たまたま通りがかった繁華街の路傍でサキュバス母娘の物乞いを目にする。お腹を空かせた娘のため、涙ながらに物を乞う母。もう何日も食べ物を口にしていないのか、顔は青白く、身体は痩せこけ、衣服はボロボロ。必死な訴えにもかかわらず、道行く人は目線を合わせようともせず、我関せずに立ち去ってゆく。誰からの施しも貰えず時間が過ぎ去り、無機質な路面と同じように冷たくなってゆく母娘の未来が見えるかのようで、胸が締め付けられます。この世界では、現実世界の捨て猫の遍くを救えないように、物を乞うサキュバスの遍くを救えない。それが分かっているからこそ、道行く人は目線を逸らすわけです。

多分に漏れず、立ち去ろうとする主人公ですが、根底にある「強きをくじき弱きを助く」正義感が”これで本当に良いのか”と良心に訴えかけます。それが”偽善”だと理解しながらも、今にも消えてしまいそうな儚い彼女らを見捨てることが出来きようか。ここで彼女らを捨て置けば、一体何のために警察官になどなったのか。

長い長い自問自答の末、”作りすぎたカレーが余ってるから”と適当な理由を付けて”ありふれた光景”に手を差し伸べます。


確かに一時しのぎの偽善かもしれません。人が人ならば適当にヤって、飽きたら捨てるかもしれません。しかし、もうダメかもしれないと諦めかけた母娘の希望に満ちた笑顔を向けられたら、或いはほんの小さなことにも喜びを感じる母娘の姿を見てしまったら、打算的な感情をかなぐり捨てて「絶対に幸せしないといけない」なんて思えてくるわけです。主人公はやらない善意よりもやる偽善を選びました。

程なくして主人公とサキュバス母娘、アリエルとカミラちゃんの奇妙な家族が始まります。そこには今までの生活から考えられないような余裕があって、無邪気な笑顔があって、人類が不必要だと淘汰した家族愛があって。そんな掛け替えのない生活…と言っても見逃してしまいそうなほど当たり前な日常を手にして、ちょっぴり泣き虫なアリエルが幸せそうな笑顔を浮かべて言うわけです。

「私達に、明日をくれてありがとう。」

本作の感想やレビューには既に多くの方が「まさか同人CG集で泣くとは思わなかった」とこぞって述べていますが、まさにこの一言に尽きます。「サキュバス母娘を見つけたから苛めてやる」つもりが、サキュバス母娘に絆されて、理性のタガが外れる前に涙腺のタガが外れました。

おすすめ商品


されども本作、紛うことなき同人CG集です。母娘が人間らしい生活に慣れ始めた頃にようやく「色気」を帯び始めるわけです。

夢魔と書いてサキュバスと読ませるだけあってシチュエーションの大半が男の理想を擬えた淫夢催眠。現実世界の立場も世界観も自由自在で、シスターに扮したアリエルによる懺悔フェラ、アリエルお姉さんとショタ主人公の姉ショタ、水泳部顧問の主人公が部員のアリエルに個人レッスンを施す水着プレイ、幼馴染として成長した水着姿のカミラに尻コキ、ママになったカミラに大人げなく甘えるパイズリシチュなど幅広い。

夢の中では豊満なカミラちゃんですが、現実世界での未熟な身体もしっかりと堪能できるシチュエーションがあるので大きなお友達もご心配なく。母であるアリエルだけでなく、娘のカミラにも分け隔てなく濡れ場が用意されている点も主題を徹底していて好感が持てます。


定価2000円越えと少々値が張る作品だと感じるかもしれませんが、基本CG56枚・総数1285枚と分量は相応、物語はプライスレスです。また後日談の構想も頭にあるそうなので本当に頭が上がりません。作者様のTwitter(@kagemusya555)には作品の元となった作画が公開されていますので、そちらを見て琴線に触れた方は是非お手に取ってみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
kyarun20
同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューを毎日更新していく予定です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 同人CGレビュー&感想の館 , 2019 All Rights Reserved.