同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューサイトになります。

「俺 異世界で魔法使いになる」トロ顔アクメがエロすぎてヤバい…!(復八磨直兎)

2019/09/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
kyarun20
同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューを毎日更新していく予定です。

「俺 異世界で魔法使いになる」レビュー・感想


復八磨直兎先生(赤兎)のオリジナル同人誌「俺 異世界で魔法使いになる」がC95にて頒布されました。「彼女を作ってえろいことめちゃめちゃしたい!」と希った男が転移した異世界で魔法の才に恵まれ、国宝級の美女相手に願いを叶える物語。

魔法の力は歓迎だが、えろい事は望まれない行為のようで、愛のないセ〇クスによる開発・調教を施して屈服させる流れ。予定では全4巻のシリーズモノらしく、序章となる本作は「性感帯開発」がメインとなっています。

異世界モノらしく、魔法の力による感度倍増の淫紋がミソ。淫紋を刻む前と後のヒロインの変化が作品の醍醐味です。


一国の王女二人との邂逅を果たした主人公。魔王の脅威により危機に瀕した世界を救うべく、ロストテクノロジーである魔法の力(さっき覚えた)を貸すことに決める。エロい事をするという条件付きで。

当然ながら困惑するヒロイン達に「契約魔法でマナを供給して欲しい」「そのためには肉体で繋がる必要がある」と胡散臭い理論で了承を得ると、早々に行為の準備を要求。条件を受け入れ一糸纏わぬ姿となった美女二人は、肉感的な肢体を隠すことなく堂々と佇んでいた。

上述の通り、主人公はかなりの軽薄男。想いの強さだけで異世界転移を果たしてしまうほど性に渇望しているようで、喰らい付いたら離さない”執拗な乳首責め”や”クンニ”、レベルが上がる毎に感度が倍増する”魔法の淫紋”など、裏付けるような変態的プレイが特徴です。万年独り身男らしく、執拗な性技でねっとりじっくり”開発”していきます。


そんな嫌悪感満載の男に身を捧げる厳格な王女二人。言い渡された要求(性行為)に対して、最初こそ「こんなこと魔物を相手することに比べればどうってことないわよ」と高を括る王女様ですが、男の執拗に愛撫されると余裕そうな表情に焦燥の色が浮かび始め、”感度倍増の淫紋”が浮かび上がると様子が一変して…。


だらしなく開かれた口元、拭う暇もなく零れ堕ちる涎、それらが構成する”はしたなさ全開”のトロ顔。感度によって微細な変化のある嬌声、乳首の勃起具合、”撒き散らす”という表現が相応しい潮吹き、気位の高い次王女のおねだり、脳髄まで痺れるような深い絶頂。


淫紋という視覚化された”敏感指数”によって緩急が生まれ、淫紋が浮かび上がる前後を対比させることでヒロインの”エロさ”がより際立っていました。また大胆でインパクトのある描写が多く、抜き処が一目瞭然です。それだけに実用的に使い勝手の良い作品でした。

この記事を書いている人 - WRITER -
kyarun20
同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューを毎日更新していく予定です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 同人CGレビュー&感想の館 , 2019 All Rights Reserved.