【同人レビュー】「泥酔背徳温泉ー主婦・篠原雪枝さんの火遊び」(yogurt)

「泥酔背徳温泉ー主婦・篠原雪枝さんの火遊び」レビュー・感想


yogurtのC95新作、温泉シリーズ第三弾「泥酔背徳温泉ー主婦・篠原雪枝さんの火遊び」が頒布されました。色香を体現した艶やかな唇、垂れさがったおっぱいは”寄る年波には勝てなかった”にしても”成熟”という甘美な響きを帯びていて、それがまた素晴らしい魅力を放っている。

視線を下せば、時間を持て余した有閑人妻らしい腹部の贅肉を覗かせ、大きく開かれた股下から咽返るほど濃厚な雌の香りを感じさせる。お世辞にも”引き締まっている”と言い難く、されど”太り過ぎ”とも言えない、絶妙な”だらしなボディ”が秀逸な人妻の雪枝さん。酸いも甘いも噛み分けた”余裕ある”年齢層を上手く表現されています。

内容がまた素晴らしい。


主婦仲間との温泉旅行で訪れた旅館で偶然出会ったカワイイ男の子に母性的なモノが刺激されたのか、「ちょっと遊んであげようかなぁ」と軽い気持ちで誘惑するものの、後からぞろぞろ来た軟派な男集団に雲行きが怪しくなって。若者にチヤホヤされて気分が良くなったこともあって、飲むペースに拍車が掛かり、すっかり出来上がった雪枝さんが酒の勢いに流されて、逆に遊ばれてしまう。

泥酔背徳温泉ー主婦・篠原雪枝さんの火遊び


”ちょっと遊んであげる”という余裕が、”あれ、これはちょっと”みたいな”焦燥”に変わり、抵抗も虚しく挿入・中出しされて、終わる気配のない中出しセ〇クスに「もう無理ッ、中出し止めて、避妊してないのよッッッ!!」と叫喚しながら”また”中出しされて。露天風呂に連れていかれると、そこでもまた犯されて沢山中出しされてしまいます。

泥酔背徳温泉ー主婦・篠原雪枝さんの火遊び


男4人と女1人が同じ部屋に居て、間違いが起きないわけがない。それは雪枝さんも分かっていたことで、しかしながら”酸いも甘いも噛み分けた大人だから、あなた達よりも経験豊富だから「主導権は私」”という絶対的な自信があったからこそ、身体の疼きを解消する程度の軽い気持ちで絡みに行ったように思えます。だからこそ慢心・余裕が仇になり、痛い目を見るだけで済まず、徹底的に屈服させられる悲惨な様相が堪らなくそそります。

泥酔背徳温泉ー主婦・篠原雪枝さんの火遊び


それだけでなく、カワイイ男の子と思っていた一番無害そうな”ひ弱”男が一番”男らしい”逸物の持ち主で、今まで誰も届かなかった場所を貪られてイキ散らす”敗北”の二段構え。序盤の余裕な態度は何処へやら。遊んであげようとした男の子にさえ主導権を握らせてもらえず、夥しい射精に獣のような嬌声を漏らして打ち震える雪枝さんが本当にいじらしい。

雪枝さんの前半と後半の対比が醍醐味の素晴らしい作品でした。

おすすめの記事