同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューサイトになります。

FANZA冬の同人CGセール オススメ作品

2019/02/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
kyarun20
作者に想いを届けたい。そんな気持ちからレビューサイトを立ち上げました。同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューを毎日更新していく予定です。

 

FANZA冬の同人CGセール

FANZA冬の同人CGセールが始まりました。膨大な作品の中から個人的にオススメな作品(レビュー済み作品のみです)を厳選し、見所なんかをまとめた記事になります。この機に冬のボーナスを散財させようというFANZAの魂胆が透けて見えますが、半額という文字には抗えない方も多いのではないでしょうか。そんな迷える子羊たちの”財布の紐を緩める”お手伝いをする地獄のような記事です。

JKグラドルと無人島で生パコ!~遭難した島で二人だけの生活、我慢できずにヤリまくり~JKグラドルと無人島で生パコ!~遭難した島で二人だけの生活、我慢できずにヤリまくり~

三血中吐の最新作。JKグラドルと冴えないADの無人島生活。閉鎖的な空間で女と男が二人きり。過ちが起きないはずがない御誂え向きな環境に「即ハメ」の3文字が脳裏を過るが、思いのほか何も起きない。牛歩のような足並みで進展する物語は本番はおろか”手コキ”すらもハードルが高く…。じれったい。本当にじれったい。しかし、この”じれったさ”こそが劣情を駆り立てる最高のスパイス。忍耐の日々を乗り越えた先に許されるシチュエーションの数々はいつもより何倍も輝いて見えた。

性的に魅力溢れる女性と無人島に二人きり。本能の赴くまま犯してもおかしくない、いつ理性が崩壊しても不思議ではない、常に理性が絶体絶命な状況。設定からキャラクターまで陵辱に御誂え向きな作品だからこそ、和気藹々とした雰囲気で進行していく物語に意表を突かれる。最初の印象は恐らく””思っていた内容と違う””そう感じる筈です。しかし、だからといって主題が「JKグラドルと無人島で生パコ!~遭難した島で二人だけの生活、我慢できずに即ハメ~」だとあまり食指が動かなかったように思います。陵辱に御誂え向きな本作が”紳士的なスタンス”を取り続けたからこそ、セ〇クスが好意を積み重ねた先にある行為として位置付けされているからこそ、本当にじれったい道中だからこそ、どのシチュエーションも尊く輝いて見えた。出会って即ハメが横行する同人CG界隈で感覚が狂ってしまった人にこそオススメしたい。パンツ1枚に歓喜していた若かりし時分…初心を思い出させてくれる。そんな作品でした。

 

ぼくの愛する田舎の少女。ぼくの愛する田舎の少女。

あん♪あん♪食堂のオリジナルコミック「ぼくの愛する田舎の少女。」は、古き良き文化を残した牧歌的な田舎で繰り広げられる「ちょっとダメな中年男性とあどけない少女」の純愛(ロリ)ストーリー。忙殺の日々を過ごす妻子持ちの30路男性。束の間の余暇、ノスタルジックを求めて赴いた片田舎でバスに乗り遅れてしまう。閑散とした寝床と食料に困っていると地元の女の子に声を掛けられ、民泊させてもらうことに。案内されるままお邪魔した先は、祖母と2人暮らしをしている古民家。ノスタルジックな気分に浸り、美味しい料理に舌鼓を打つ。料理を褒めたことが切っ掛けで女の子との会話が弾むと、他愛もない話を交わすうちに、たちまち意気投合。朝を迎えた頃には随分親密な関係になっていた…。

この作品、ストーリー・日常会話が滅茶苦茶面白い。「妻子持ちの男が年端もいかない幼女と肉体関係を結ぶ」というかなり危ない内容だが、中身は陵辱ではなく真面目に純愛。”離婚寸前”という危機的状況の最中に最愛の女の子(幼女)と会う為だけに有給消化して車を走らせ10時間、「き、来ちゃった♡」とサプライズ登場するシーンは爆笑モノでした。

またロリ特化サークルだけに、ロリに対するこだわりが強すぎる。規制ギリギリのラインを極限まで責めたロリボディは大きなお友達にとってあまりにも刺激的。ランドセルが似合う女の子を絶妙に再現されています。そんな「子供」のヒロインが「まだ子供が作れない」というのに、セ〇クスに理解があって、しかもオナニー経験者という耳年増な一面があるわけです。それもただ筋をなぞるオナニーではありません。指を埋没させて出し入れする割とガチなオナニーです。初潮もまだの女の子がセ〇クス準備万端なんです。これはあまりにも狡い。理想そのものじゃないか…。

 

可愛すぎるビールの売り子が堕とされた7日間の記録可愛すぎるビールの売り子が堕とされた7日間の記録

ある出来事を切っ掛けに客であるチンピラに弱みを握られてしまう。球場のあらゆる場所で身体を提供させられ、快楽を覚え込まされていくうちにチンピラとの行為に嵌っていく。明るく清楚な彼女の受難の記録。

豊満な姿態が映える構図が多く、特に試合中のベンチでの公然セックスでチンピラに胸を鷲掴みにされた時の恍惚に染まるヒロインの表情、だらしなく開いた口から洩れる嬌声、節操なく流れる愛液といった「胸の大きさ、感度、揉み応えが一目で分かる表現」が非常に良い。

チンピラに心を踏みにじられ、今まで信頼していた同僚にも裏切られ、尊厳を蔑ろにされて子種を植え付けられる絶望感。素晴らしい結末を辿る作品でした。

 

校長先生の放課後自由研究 巨乳JKをじゅぷじゅぷぬぽぬぽ調査中っ ~従順な部活少女編~ 校長先生の放課後自由研究 巨乳JKをじゅぷじゅぷぬぽぬぽ調査中っ ~従順な部活少女編~

趣向を凝らした構図の数々。絵が良く映える、扇情的に見えるアングルをしっかり理解していらっしゃる。特出すべきは何といっても多視点構図。実用性を左右するほど、演出に一役買っていました。分量に関しては、1シーン毎・全編通して文句の付け所がなく、充実しています。また各々の所属する部活のユニフォームを用いたコスプレシチュが何とも堪りません。

 

異世界ハーレム物語2異世界ハーレム物語2

立花オミナ先生のC94新作「異世界ハーレム物語2」。オナニーだけが生き甲斐の学生が異世界で活躍する男の浪漫本。「女を強化する能力」に加え「女を虜にする催淫効果」まで付与された、まさにハーレム形成にうってつけな精液を持つ主人公の物語。欲望のままに女を抱き、その上感謝までされる素晴らしい世界。紛れもなく男の浪漫を終結させた理想本。「異世界ハーレム物語2」はその続編にあたる。

6つのおっぱいに囲まれて、挟んだり揉んだり舐めたり、キスしながらフェラされて、パイズリされながらアナルを舐められて、まさにくんずほぐれつ状態。様々な行為を同時に味わえるのもハーレムの醍醐味で、欲しい描写がしっかり用意されている。

d_133131jp-002

3人並べて順番に挿入したり、挿入しながら両手で手マンしたり、両耳を舐められたり、おっぱいで挟まれたり、様々な行為を同時に味わえるハーレムの特権を存分に活かした多幸感溢れる構図が広がっていた。ハーレムと言えば複数人の女性を四つん這いにさせて一列に並べる構図が御馴染みですが、この光景はいつ見ても壮観で良いモノです。

NTRでも催眠でも陵辱でもない正統派ハーレム。ジャンルそのものの母数が少ない上、正統派ハーレムとあって希少性が高い。その手のジャンルが苦手な方にでも安心して読むことが出来る。「異世界ハーレム物語シリーズ」といってもまだ序章で手が出しやすい。読むなら冊数の少ない今のうちです。

 

ネトラレ修学旅行ネトラレ修学旅行

milkholicのオリジナル作品「ネトラレ修学旅行」。彼氏が眠るすぐ側で愛する彼女が寝取られる。親友の男は彼女持ちだからと安心して無防備を晒した彼女は、その男に弱味を付け込まれ…。強引に迫られ、意志薄弱な彼女は男を拒むこともできず、男の望むままに身体を貪られていく。

控えめで物静か、お淑やかで可憐、真面目で純情といった性格、振る舞い・態度・仕草からも一目で分かるような可愛らしい清純美少女。まだ何色にも染まっていない「純白さ」がひしひしと伝わってきます。本当にシミ一つない理想的過ぎる純白なわけです。そんな彼女が学園随一のチャラ男に弱味を付け込まれ、寝取られる。「女慣れした軽薄男」の薄汚い色に侵され、馴染んで、染まっていく。ヒロインと間男の性格・立場が対極に位置するだからこそ、清楚な彼女の淫らな一面が劣情を駆り立てる。素晴らしいNTR描写です。

 

また緊迫したシチュエーションが素晴らしい。彼氏がすぐ側に居て「布団一枚」という防音性に心許ない状況で、口元を押さえて男の愛撫や抽送に耐える彼女の健気な姿が本当に可愛らしい。初めてなのに感じてしまって、声を抑えきれないほど喘いでしまう。瞳に涙を浮かべながら顔を蕩けさせて、キスされながらハメられて、身体を小刻みに震わせる。可愛らしい仕草、健気な抵抗、敏感な反応、そのどれもが劣情を駆り立ててくれます。

そして拘りのマシュマロおっぱい。触れるとどこまでも沈みそうな雪白に染まった二つの丘。指の食い込み具合で擬音なしでも途轍もなく柔らかいことが分かってしまう魅力的な質感。触れるだけで頬を赤らめて羞恥し、嬌声を上げて快楽に善がり、感情を昂らせる。そんな雌の反応が雄を歓喜させる。しかも彼女は「おっぱいに弱い」らしく、少し弄るだけで滅茶苦茶感じてしまう。敏感な乳首を指でつつかれて、あるいは擦られて、身体を小刻みに痙攣させるヒロインは本当に可愛らしいです。

陥没した乳頭は愛撫なしには目にすることも叶わず、舌で舐めたり指でほじったり、執拗な愛撫によって顔を覗かせる愛らしい様相を呈して、愛撫の意義を再認識させると共に感動を与えてくれる。アフターケアもしっかりしていて、勃起した乳首を陥没させないよう定期的に弄って維持させようとする粋な計らいも本当に素晴らしい。満点です。

 

真面目に勉強していた筈の彼女がいつのまにか家庭教師に寝取られていた真面目に勉強していた筈の彼女がいつのまにか家庭教師に寝取られていた

ギャップ垢抜けた服装やイマドキの言葉使いは典型的なギャルのソレですが、あどけない容姿に初々しい反応といったギャルのイメージと逆行した要素が魅力的なヒロイン。真面目に勉強する為に雇った家庭教師に「賃金」の代わりとして身体を要求されてしまう。相手がキモデブとは言えど、女子は受講料無料の謳い文句に釣られた手前、仕方なくおっぱいを見せる事に。それを皮切りにスケベな要求はどんどん過激なモノに発展していく。薄汚い手で胸を触られ、イキリ立ったモノを扱かされ、咥えさせられる。家庭教師の恥辱に悪態をつきながらも、頬を染めて涙ぐむ表情が妙に可愛らしく嗜虐心をそそる。

真面目に勉強していた筈の彼女がいつのまにか家庭教師に寝取られていた

女体の感触で味を占めた間男に素股を要求されて…超えてはいけない一線を超えてしまう。初めての生の感触に為す術もなく、大量の精液を最奥に注ぎ込まれて絶頂。それを機に「一度許せば何度やっても同じ」と身体を要求され、当たり前のように無責任な射精で種付けされてしまうヒロイン。長時間に亘る容赦ない抽送、強引で野蛮なセ〇クスに価値観を歪められ、彼氏とのセ〇クスで味わえない快楽に身も心も溺れていく。「何でこんなキモデブと毎日Hしなきゃいけないの」と悪態をつきながらも、疼いた身体はどうしようもなく性の快楽を求めていて、好きでもない男の生の感触で激しく絶頂させられる。可愛らしいイキ顔に加え、挑発的な下着も相俟って劣情を駆り立てられる良いシーンでした。

視覚的な背徳感だけでなく「海に行きたい」という彼氏の誘いを断り、その裏で間男と”海辺”デートするシチュエーションが齎す潜在的な背徳感は、寝取られモノとしてポイントが高い。同じ場所である事がミソで「彼氏の誘いよりも間男の逢引に魅力を感じている」間男に靡き始めたヒロインの心の機微を(ちょっとした設定で)表している。視覚以外にも背徳感を駆り立てる要素があるのは好感が持てます。その後も花火を見たり旅館で泊まったり、彼氏に黙って逢引を重ねるヒロイン。その間何度も身体を許し、容赦ない抽送で何度も絶頂させられるわけです。無慈悲な結末と言うわけではなく、割とマイルドな寝取られモノでしたが、ジャンル特有の暗い劣情をしっかりと感じられる良い作品でした。

 

異世界では稀によくあること異世界では稀によくあること

本作には会話らしい会話がない。厳密にはヒロイン・主人公間で何らかの会話が成立しているようだが、ヒロインの口から直接発せられるわけではなく、主人公の一方的な心情描写を介して”主観的”に伝えられる。それに付随してヒロインの”正確”な意思表示は全て”表情”や喘ぎ・呻きのような”擬音”だけで表現されている。ヒロインは意思表示において最も影響力のある”言葉”を封じられている状態なわけです。そもそもヒロインと主人様の関係は”ペット”と”飼い主”なわけで、圧倒的な立場の差が存在します。本来なら物申せる立場にないヒロイン。しかしながら彼女は、あろうことか反抗の意志を見せているわけです。そんな彼女に立場を弁えさせる意味合いも込めて、意思表示がひどく”動物的”なものに限定されているのかなと感じました。一方は言葉を介し、一方は言葉に不自由。まさに”ペット”と”飼い主”の構図であり、作風から既に種族間の”調教”が始まっているわけです。この作風は今に始まった事ではありませんが(過去作「お兄ちゃんの半分は欲望でできています」など)ジャンルにマッチした良い作風だと感じました。

 

異世界では稀によくあること

 

その時点で既に秀逸ですが、それ以上に言葉を紡がず、仕草と表情だけで「可愛い」と思わせる絵師様の技量には脱帽させられます。

幼い膣を肉棒の形に拡張され、苦痛に呻き、苦悶の表情を浮かべるヒロイン。アナルを開発され、未知の快楽に酔い痴れるヒロイン。喉奥を犯され、綺麗な顔を鼻水と涙で汚しながら精液を流し込まれる感触に目を白黒させるヒロイン。媚薬を用いた執拗な愛撫にだらしなく口を開いて涎を垂らし、声にならない喘ぎを漏らしながら快楽の波に身体を痙攣させるヒロイン。恥部に電マを宛がわれ、暴力的な快楽に潮と尿を迸らせながら激しく絶頂するヒロイン。そして素直に快楽を享受し、果てに”おねだり”までするようになったヒロイン。どのヒロインも総じて”可愛らしい”と思わせる仕草と表情がありました。

 

カラダ奪ワレココロ揺ラレカラダ奪ワレココロ揺ラレ

ボーイッシュヒロインが臨時コーチに寝取られる話。背徳、罪悪、葛藤、謝罪、許容、耽溺…繊細な心情描写に心抉られる。ヒロインにも、読み手にも救いのない無慈悲な物語。

彼氏と男の間で常に揺れ動くヒロインの繊細な心情を巧みに描写されています。心情がつぶさに描写されているのでヒロインの葛藤がひしひしと伝わってきて、それがまた精神的苦痛となって際限ない劣情を齎してくれる。正直に言って辛いです。本当に辛い。ヒロインは男を認められず、でも身体はどうしようもなく男を受け入れ、それこそ彼氏との約束を反故にするほど身体が男を求めていて、それが道理に反する行為だと分かっているから罪の意識が消えることなく、意志と本能の乖離に葛藤し続ける。出口なき物語は無慈悲で容赦ない。ヒロインが不義を犯す度に胸が軋む。思わず頭を掻きむしりたくなるほどの苦痛です。でもどうしようもなく実用的。憎たらしいほど実用的なんです。だからこそ、と言うべきでしょうか。

そして何といっても「カラダ奪ワレココロ揺ラレ2」ラストのあの展開。正直鳥肌が止まりませんでした。今までずっと…だったのに、急にそんな…見せられたら。
彼女はあの後何を告げたのでしょうか…。

凄惨な目に遭い続け、罪悪感と快楽で最後まで葛藤し続ける”無慈悲”な展開を求める方には胸を張ってオススメできる作品でした。

 

以上が本命のオススメになります。以下、準オススメ。

レンタル彼女~本気セックスを覚えたら~レンタル彼女~本気セックスを覚えたら~

Small Dogのオリジナル同人CG「レンタル彼女~本気セックスを覚えたら~」。レンタル彼女を利用して憧れのアイドルとの恋人ごっこを実現させた主人公。二次元に理解のある彼女とのアニメ観賞で良い雰囲気になり、彼女の方からキスされて、感情の昂りに呼応するように濃厚なディープキスを交わし始める。しかし無常にも、すんでのところでアラームが鳴り響き、デートはお開き。どうしても行きずりの関係で終わらせたい主人公は、強引にもデートの一部始終を録画した動画を材料に彼女を脅し始める。アイドルという立場上「特定の男との逢瀬」を公に晒すわけにはいかず、彼の言いなりに…。

憧れのアイドルと彼女ごっこ(援交)から本当の恋が始まる話。絵が非常に精細で美しく、大いに劣情を刺激してくれる。コミックのように、その場に合った仕草、振る舞いが描写されているので違和感なく没入できるのが利点。フォントサイズも見やすくて「一目見て状況が把握できる」ような分かりやすい描写もユーザビリティーの底上げにつながっている。また上述の通りマニアックかつハードなシチュエーションはバラエティーに富んでいて見せ場も多い。本気セックスを覚えた彼女の積極的なアプローチはとても刺激的でした。

ただ基本CGと差分の枚数の兼ね合いが悪いのか、シーン毎の分量が思ったよりも少なく、シーンを梯子して使う状況が頻繁にありました。もう少し差分が欲しかったというのが本音です。ストーリー性も殆ど皆無なので割り切って作画重視で購入されるのが良いでしょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
kyarun20
作者に想いを届けたい。そんな気持ちからレビューサイトを立ち上げました。同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューを毎日更新していく予定です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 同人CGの館 , 2018 All Rights Reserved.