同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューサイトになります。

催眠エッチで非モテの俺が幼馴染を孕ませたお話 レビュー・感想

2019/06/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -
kyarun20
同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューを毎日更新していく予定です。

催眠エッチで非モテの俺が幼馴染を孕ませたお話

カルムアトモスフィアのオリジナルコミック「催眠エッチで非モテの俺が幼馴染を孕ませたお話」が配信されました。良い意味でも悪い意味でも「本能」に忠実な作品。実質的ではなく形式的です。その点ではCG集と称するよりは”イラスト集”と称したほうが的確かもしれません。購入の際にはよく吟味されることを強く推奨します。

催眠エッチで非モテの俺が幼馴染を孕ませたお話

繊細な作画が一際目を惹く作品。それだけで購入しても良いという気分にさせる力を持っている。まるで絵画を眺めているような”美”を感じさせるソレは、サンプル画像からも秀逸さが伝わってくるかと思います。肉棒一突き一突きで快楽を彩る表情は男の性を大いに刺激してくれることでしょう。

催眠エッチで非モテの俺が幼馴染を孕ませたお話

絵に対する熱意は物凄く感じます。しかし設定やストーリーに対する執着が感じられず、最低限のキャラ紹介を済ませると早々に濡れ場へ誘導するだけのソレは感情移入や没入感に乏しい。「催眠」というジャンルの持つ利便性と簡便さに頼り過ぎている節が見られます。面倒な説明や過程を省き、出会い頭に「理不尽な力」で屈服させ、有無もいわさず陵辱の限りを尽くす。それはそれで様式美ですが、肉付けを怠った弊害で作品自体が痩せ細っている。キャラ性に至っては容姿や風采から”お嬢様系ヒロイン”に見えて実は男勝りなギャルビッチというギャップを通り越して乖離しており、アンバランス過ぎて違和感を覚えます。

主題からも分かる通り「催眠えっち」を前面に押し出した作品ですが、そもそも主人公と幼馴染は「催眠」を使わざるを得ないほど険悪な関係でもなく、「催眠」を活かした何かがあるわけでもないので「絶対に催眠でなくてはならない」という必然性はあまり感じません。あくまでも濡れ場までの誘導として利用しているといった印象を受けました。

実用面を言及すると、基本21枚の総数111枚とありますが、実質的な分量は54枚に留まり、CG集と称するには満足とは言い難い。総数が少なければ当然差分も少なく、アングル・構図が頻繁に変わるので「どの描写で抜かせたいのか」抜き所がいまいち判然としなかった。それもまた没入感を阻害する要因となっている。

催眠エッチで非モテの俺が幼馴染を孕ませたお話

作画のレベルは非常に高いですが、話や設定に説得力がないので感情移入や没入感はあまり感じられません。話の流れや状況に劣情を催して抜くという感じではなく、その場の雰囲気で抜くといった強引な姿勢が求められます。良い意味でも悪い意味でも「本能」に忠実な作品です。その点ではCG集と称するよりは”イラスト集”と称したほうが的確かもしれません。購入の際にはよく吟味されることを強く推奨します。

催眠エッチで非モテの俺が幼馴染を孕ませたお話催眠エッチで非モテの俺が幼馴染を孕ませたお話

 

この記事を書いている人 - WRITER -
kyarun20
同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューを毎日更新していく予定です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 同人CGレビュー&感想の館 , 2018 All Rights Reserved.