同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューサイトになります。

マジメJKがキメセク中毒ヤリマンに ~薬のために彼氏を捨てた公衆肉便器~ レビュー・感想

 
この記事を書いている人 - WRITER -
kyarun20
作者に想いを届けたい。そんな気持ちからレビューサイトを立ち上げました。同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューを毎日更新していく予定です。

マジメJKがキメセク中毒ヤリマンに ~薬のために彼氏を捨てた公衆肉便器~マジメJKがキメセク中毒ヤリマンに ~薬のために彼氏を捨てた公衆肉便器~

ピンポイントのオリジナル同人CG「マジメJKがキメセク中毒ヤリマンに ~薬のために彼氏を捨てた公衆肉便器~」が配信されました。彼女をセ〇クスに誘う勇気がなくて「薬の力」に頼ったらキメセクに嵌まり、薬を手に入れる為に危ない橋を渡るうちにどんどん堕落していく話。人格崩壊、快楽堕ちの果てに公衆肉便器に成り下がる清楚系ヒロインの文言に反応する方にオススメの作品です。

マジメJKがキメセク中毒ヤリマンに ~薬のために彼氏を捨てた公衆肉便器~

一線を超える勇気が足りなくて「薬の力」に頼った主人公。結果的に結ばれたものの、卑怯な手段に頼らざるを得ない自分の不甲斐なさに良心の呵責を感じた主人公は真相をヒロインに打ち明け「もう二度と薬の力に頼らない」と決意を新たにした。だからこそ彼女の変化に気付けない。薬のないセ〇クスを淡泊だと感じ、どんな手段を使ってでもあの時の鮮烈な快感を味わいたいと思うほど”薬に墜ちて”しまったことに気付けない。「気持ち良くなりたい」という一心で薬の入手ルートを自力で探し出したヒロインは「人目のつかないところへ」と売人に連れられたラブホテルで、キメセクが齎す鮮烈な快楽を味わうことになる。

マジメJKがキメセク中毒ヤリマンに ~薬のために彼氏を捨てた公衆肉便器~

危ない橋を渡ってでも薬を手に入れたい「薬への依存」の高さ、売人とのキメセクで彼氏の存在なんてどうでもよくなってしまう「変わり身」の早さに途轍もない淫乱性を感じました。

安くない薬を手に入れる為に援助交際を始めると、先々で薬をキめて頭を幸せにされて、稼いだ金で買った薬で幸せを手に入れる。粘着質な男に薬を使われた時は電動バイブで、黒人の売人に穴という穴を犯され都合の良い肉玩具として扱われてイき狂った。

マジメJKがキメセク中毒ヤリマンに ~薬のために彼氏を捨てた公衆肉便器~

女を性欲の捌け口としか考えない容赦ない扱い、薬に身をやつすヒロインの様相が性欲をそそります。ただ犯す男の身の毛がよだつような悪寒感じる言い回しが個人的に玉に瑕。

薬とセ〇クスが齎す快楽から逃れられず、薬を使っていない時は情緒不安定になったり、軽度な解離性障害を発症したり、「キメセクの無限ループ」でどん底まで堕落したヒロイン。人格破壊・快楽堕ちの果てに肉便器化という相応しい結末を辿るわけです。

マジメJKがキメセク中毒ヤリマンに ~薬のために彼氏を捨てた公衆肉便器~

彼氏との再会を果たしたヒロインが「キメセクの気持ち良さを教えてくれてありがとう」と醜態を晒しながら感謝の気持ちを述べる終盤のシーンが格別。主人公の顔を見ても「あれ…この人誰だっけ?」と即座に分からないほど、ヒロインの中で”どうでもいい存在”と位置付けされている事実にも心抉られ、後味の悪い絶望感に浸りながら眼前でイき狂う元恋人の姿に「後戻り出来ず、どうすることもできない」”無慈悲な現実”を嫌と言うほど突き付けられて絶望する。「~薬のために彼氏を捨てた公衆肉便器~」という副題の期待を裏切らない結末でした。

ハードプレイに定評のあるピンポイントの強みを活かした作品。人格崩壊、快楽堕ちの果てに公衆肉便器に成り下がる清楚系ヒロインの文言に反応する方にオススメです。

マジメJKがキメセク中毒ヤリマンに ~薬のために彼氏を捨てた公衆肉便器~マジメJKがキメセク中毒ヤリマンに ~薬のために彼氏を捨てた公衆肉便器~真面目で清楚な『姫川 茗(ひめかわ めい)』が、キメセク中毒になり、クスリを手に入れるために、男達の言いなりになります。
売人に体を許し、クスリ代のために売春を行う……、今の茗には何よりも大事なぶっとぶようなキメセクの為に、どんな変態リクエストも受け入れます。
マジメな女の子が、クスリを使ったセックスの快楽を知り、男達の性処理道具になるイラストストーリー(CG集)です。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
kyarun20
作者に想いを届けたい。そんな気持ちからレビューサイトを立ち上げました。同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューを毎日更新していく予定です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 同人CGの館 , 2018 All Rights Reserved.