【同人レビュー】「家出ギャルに生中出ししまくって、性処理同棲始めました2」(やまなし娘。)

「家出ギャルに生中出ししまくって、性処理同棲始めました2」レビュー・感想


やまなし娘。のオリジナルコミック「家出ギャルに生中出ししまくって、性処理同棲始めました2」が配信されました。待望の続編。偶然拾った家出娘とお人よし主人公の同棲生活。

行きずりの縁と思いきや想像以上に強固な縁で結ばれていて、何気ない描写から「ヒロインは主人公を」「主人公がヒロインを」”大切に想う”気持ちがひしひしと伝わってくる。身体の相性だけでなく、心の相性も抜群な二人の恋愛模様はひたすら甘くて尊い...。

「二人の恋愛模様がもう少しだけ続きますように」という前作から切望していた願いを叶えてくれる良い続編でした。

家出ギャルに生中出ししまくって、性処理同棲始めました2


「セフレのような都合の良い関係」を彷彿とさせるタイトルですが、べったべたの純愛です。ひたすら甘くて尊い。

ヒロインは姿形こそ典型的なギャルそのものだが内面が思いのほか純情。経験豊富で割り切った関係なんて日常茶飯事みたいな女の子が特定の男に入れ込んでいて、それこそ貴方の居ない生活なんて考えられないほど惚れ込んでいる。主人公が家を空ける頻度が高くなると”浮気”の二文字が脳裏を過って不安になったり、それが杞憂だったことが分かった途端に頬を赤く染めて「もっと一緒に居たかったんだよ」なんて甘えてくる。”お前そんなキャラじゃないだろ”みたいな意表を突くような仕草に男心を的確に刺激される。本当にずるい。

家出ギャルに生中出ししまくって、性処理同棲始めました2


主人公も主人公で家を空ける頻度が高くなったのも「ヒロインと同棲生活を維持させるために稼ぎに出ている」という尊すぎる理由で...学生の彼女に負担を強いたくない彼なりの思いやりが伝わってきて...。それに”自分(ヒロイン自身)が負担になっている”と勘違いさせないようヒロインが起床する前に、悟られないように出ていく配慮もまた尊い...。

家出ギャルに生中出ししまくって、性処理同棲始めました2


結果的にはヒロインにバレて少し擦れ違ってしまうわけですが...。

その後の仲直りセ〇クスが盛り上がらないはずがなくて、失った熱を取り戻すように激しく求め合う。前編にはない「この後めちゃくちゃセ〇クスした」描写があって個人的に満足です。

家出ギャルに生中出ししまくって、性処理同棲始めました2


ほんの数ページでもいいから、その後の二人の日常を見てみたい...。「二人の恋愛模様がもう少しだけ続きますように」という前作から切望していた願いを叶えてくれる良い続編でした。

やまなし娘。 関連記事

おすすめの記事