【同人レビュー】「媚薬リベンジ! ~親友をチカンから助けたばかりに~」(藤科ショグ)

「媚薬リベンジ! ~親友をチカンから助けたばかりに~」レビュー・感想


藤科ショグのオリジナルコミック「媚薬リベンジ! ~親友をチカンから助けたばかりに~」が配信されました。強気で正義感の強いヒロインが薬一つで屈服させられ、親友共々下品で淫らな雌に快楽墜ちする話。

正直な話、パッケージ通りの展開に期待した身としては、あまり満足のいくものではなかった。


親友を痴漢から助けたばかりに、他の仲間から報復されてしまうヒロイン。痴漢は胸や膣の愛撫だけに留まらず、中毒性の高い〇合法の媚薬を用いたキメセクに発展する。媚薬の力によって引き上げられた感度は鮮烈な快楽を齎し、ヒロイン達の理性を容易く崩壊させる。あれほど抵抗していたヒロインも完全にキマった頃には性の快楽に抗えず、身体を小刻みに痙攣させながらアヘ顔を晒す。

痴漢集団に囲まれ、一度は痴漢を撃退した強気な女の子でさえ為す術がない状況で人知れず犯されていく。なかなかそそるシチュエーションでした。


本作の醍醐味は強気で正義感の強いヒロインが薬一つで屈服させられ、下品で淫らな雌に快楽墜ちさせられる変容っぷりなわけですが、結論から言うとパッケージ通りの展開に期待した身としては、あまり満足のいくものではありませんでした。

状況に即した場面が要求されるコミック形式にもかかわらず差分形式を採用しているのが主な要因。具体的には、本来なら1コマ扱いされるCGを一部切り取って多用しているので、同じ表情で台詞だけが変化するなど表情や構図の変化に乏しく、コミックの利点(躍動感)が相殺されていた。絵・塗りに力が入っているだけに表現方法を誤ってしまったことが悔やまれます...。


テーマ、展開運び、シチュエーションが良いだけに「コミックの利点が活かされていない」のが玉に瑕という勿体無い作品でした。

おすすめの記事