【同人レビュー】「服従の呪いでクラスメイトをオナホ化する話~その後~」(ひよりハムスター)

「服従の呪いでクラスメイトをオナホ化する話~その後~」レビュー・感想


ひよりハムスター催眠系作品の続編「服従の呪いでクラスメイトをオナホ化する話~その後~」が配信されました。男の日用品と化したクラスメイト。性処理道具として使われ、無責任な射精に汚された身体は”無自覚”のうちに生命を宿してしまう。

服従の呪いでクラスメイトをオナホ化する話~その後~


対象者を強制的に服従させる呪いに掛けられたヒロイン。以前から気になっていた意中の子で、性欲の捌け口として使い、その後で自分好みの「性処理道具」に仕立て上げ、自慰行為のお供にした。唯ちゃんは終始無言ですが、無反応・不感症といった所謂マグロ状態ではない。

恥部を触れば反応を示し、キスすれば舌を絡め、不自然でない程度に喘いでくれる。男の日用品と化した女の子が頬を染めながら虚ろな目で喘ぎを漏らすわけです。男にとって非常に好ましいオモチャの完成形と言っても過言ではない。(ただし完全に自我喪失状態なのでその点だけは注意)

服従の呪いでクラスメイトをオナホ化する話~その後~


ヒロインを慮るような態度を見せる主人公だが、「ヒロイン=性欲の捌け口」という認識は相変わらず。ヒロインを外に連れ出し、立ち寄った公衆トイレで無責任な青姦セ〇クス。妊娠の危険性を懸念することもなく、刹那的な快楽に身を委ねて膣内射精。零れた精液を拭き取らず、零さない様にパンツを履かせる一連の動作が着床を促してるようで劣情をそそる。それに付随して”ズボンにじわっと染み出た様子”の描写もディテールに拘りがあって好感が持てます。

服従の呪いでクラスメイトをオナホ化する話~その後~


前編から後編まで性処理道具として散々使われ、無責任な射精に汚された身体。後先考えず刹那的な快楽に身を委ねた結果、遂に妊娠してしまう。

服従の呪いでクラスメイトをオナホ化する話~その後~


それならそれでボテ腹セ〇クスを愉しむ楽観的なスタンスがタイトルに忠実で非常に良い。全編通して一貫性のある素晴らしい作品でした。

ひよりハムスター関連記事

おすすめの記事