同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューサイトになります。

【オススメ】「無視せざるを得ぬ町…っ!」町の女を一人残らず犯し尽くす!

2019/07/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -
kyarun20
同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューを毎日更新していく予定です。

無視せざるを得ぬ町…っ!無視せざるを得ぬ町…っ!

待望のまろん☆まろん先生によるオリジナル同人CG「無視せざるを得ぬ町…っ!」が配信されました。読み終えて「さて、次に行くか」では済まされない。その前にこの熱量をどこかにぶつけなければ気が済まない。

「基本254枚、差分1096枚」という圧倒的ボリュームはさることながら、どの頁にも感情を揺さぶる「絶大な力」があり、強く惹き付ける「魅力」があり、終始劣情を提供し続けられる「持続力」がある。これを254枚という規格外な分量でやってのける。それも毎度の事のようにやってのける。まさに王者の風格。

これほど腕のある製作者様が触れた者を勃起させる超絶淫らな「同人CG」を、どれ程の労力を費やしたのか想像を絶するような超重量級の作品を、たった「1000円」ぽっきりという破格な値段で提供してくれる。これほど幸せな事はありませんよ。「この作品で何度夜が超こせるか」考えても見て下さいよ。それだけでもう御釣りが出ますよ。

無視せざるを得ぬ町…っ!

まず主人公が「無視せざるを得ぬ」状況に置かれたという設定。かの有名な綾辻行人氏の「another」という作品を読んだことがある方は、(主旨は違うが)そんな感じの世界観だと思ってくれていい。

村八分の状況を逆手に取り、無視の態度を貫く女を快楽で無理やり振り向かせる話。この「無視せざるを得ない」設定で巧いなと感じたのが「一声で村八分に追い込む絶対的な権力を持ち、制約を破って村八分にされるぐらいなら我慢するしかない、という抜き差しならない状況を意図的に作っている」処にある。

創作らしいぶっ飛んだ世界観だが、同人CG界には更にぶっ飛んだ魔法のアイテム(見せるだけで催淫効果のある魔法のアプリとか)が存在するので、まだ合理的というか綺麗な流れだと思った。また「女子が無抵抗にならざるを得ない」状況が思った以上にシチュエーションを幅広くさせる役割を担っていた。

例えば擦れ違いざまに「おっ、あの娘にしよ~」と気軽に挿入したり、例えば何の脈絡もためらいもなく唐突におっぱいやま〇こを弄ったり。平然と会話していた人間が次の瞬間には雌の顔を晒して絶頂している「突然のハプニング」的なシチュエーションが思った以上に刺さった。

 無視せざるを得ぬ町…っ!

無視せざるを得ぬ町…っ!

「無視せざるを得ない」状況が齎す恩恵は、なにもシチュエーションに限った事だけではない。

ヒロインは、無視せざるを得ない状況だからこそ、言葉を紡げず、唯一許された言葉にもならない喘ぎ声を漏らして耐え凌ぐしかできない。付け加えるなら「本来なら口から発する筈の淫らな言葉を心の声が代弁して、心の中で鮮烈な快感に善がり狂っている」のだ。

明らかに無視できない状況で、無視せざるを得ない矛盾。困惑、快楽、羞恥、抵抗、様々な感情を乗せた喘ぎ声の魅力は筆舌に尽くし難い。その反応も千差万別で見ていて飽きない。

無視せざるを得ぬ町…っ!

そしてなによりヒロインの数が多い。目に付く女は全員「対象」だと思った方がいい。幼馴染・体育系・委員長・ロリ巨乳・ロリ系・人妻・女教師・巫女・義母といったメインキャラからモブまで多種多様な女の子を無視せざるを得ない皆一様な状況、「基本254枚、差分1096枚」という圧倒的ボリュームで分け隔てなく快楽墜ちさせる。

自分の気に入った女の子に「尺を割り振ってほしい」、「あのシチュエーションが欲しかった」という声に全力で応えている。純粋にモブが犯せるって良いですね。

無視せざるを得ぬ町…っ!

ここまで絶賛の嵐ですが、なかなか財布のひもを緩めない貴方の為に「シチュエーション」についてもう少し言及していきたいと思います。

本作の大筋は章ごとに「堕とすヒロイン」が決められており、そこから枝分かれしてつまみ食いされるのが「サブヒロイン」だったり「モブ」だったりするわけです。

例えば「昼休みに弁当を食べながら談笑する女子にいきなりち〇ぽを見せつけご飯と交互に食べさせる食ザープレイ」だったり、「授業中に電マを見せびらかせながら教師が当てた生徒に電マを押し当て、絶頂したらもれなく挿入」とゲーム感覚でクラスメイトを犯したり。そう言った小ネタを挟みつつ(つまみ食い)、眼鏡に適うヒロインを探しているわけだ。

無視せざるを得ぬ町…っ!

例えばメインヒロインの一人である委員長。

主人公の電マ責めにすまし顔だった彼女は主人公の標的になってしまう。いきなり服を脱がされ、男子の視線がある中、全裸でグラウンドを走らされたり、一人だけ全裸で体操する異様な光景に注目を浴びたり。意識しないようにするほど周囲の視線が気になって、身体が火照り始める。体操が開脚に差し掛かった処で主人公に無理やり「御開帳」させられて、公然の前で濡れそぼったま〇こを晒す。周囲の視線だけで彼女は濡らしてしまったのだ。

人一倍理性的に見える彼女だが、実は人一倍性欲が強い。理性で抑圧された身体は夜な夜な性欲の解放を求めて疼き出し、それも並大抵の快楽では収まらず、クリがズル剥けて肥大化するほど苛烈なクリオナで慰める事が習慣化している。彼女にはそんな背景があった。

無視せざるを得ぬ町…っ!

無視せざるを得ぬ町…っ!

そして今、公然の前で御開帳させられて肥大化したクリトリスを晒し、絶対に知られたくない秘密を暴露されるという陰惨な目に遭っている。それでも何も言い返せない。無視せざるを得ないのだから。

「肥大化したクリトリス」という弱味を握られ、それだけを重点的かつ執拗に扱きに扱かれて、体中の水分を全て吐き出すような激しい潮吹き、絶頂で気をやってしまう。

それを良いことに、意識を失ったヒロインを抱え「性授業」と称して男子の前で淫らな結合部を見せびらかす。不意に感じた浮遊感と強い衝撃で意識が戻ったヒロインは、この異様な光景を理解して目を白黒させる。

反抗しようにも言葉も力も出ず、身勝手な抽送が齎す快楽に善がることしかできない。これ以上イキたくないという意志に反して、膣肉は男根を咥え込んで離さないと言わんばかりに締め付けている。

苛烈を極める挿入に比例して大きな嬌声を上げるヒロイン。貪るような抽送は絶頂お構いなしに続けられ、大量に中出しされた頃には思考停止状態で惚け顔を晒していた。力が抜けてだらしなく手足を放り投げたヒロインの腰を掴み、緩慢に挿入れながら余韻を味わう主人公。鐘の音が鳴るまで彼女は犯され続けた。

このシーンだけで差分80枚ほどでした。

無視せざるを得ぬ町…っ!

実用面は言うまでもなく、笑える展開あり、スカッとした爽快感あり、ちょっとじんわりするような心温まるエピソードあり。幼馴染の意外な一面に悶絶させられて、最後はハーレム妊娠エンドで締めくくられる。この一冊で全てが事足りてしまうから恐ろしい。

本作のクォリティーに味を占めると安易に他の作品に手だしが出しづらくなってしまう。そんな”卓越した力”が本作にはありました。”迷ったら買え”という言葉がこれほど相応しい作品も珍しいです。畢竟、”迷ったら買え”です。

無視せざるを得ぬ町…っ!無視せざるを得ぬ町…っ!

この記事を書いている人 - WRITER -
kyarun20
同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューを毎日更新していく予定です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 同人CGレビュー&感想の館 , 2018 All Rights Reserved.