同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューサイトになります。

Fall into…2 寝取られた幼馴染が堕ちていく レビュー

2018/09/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -
kyarun20
作者に想いを届けたい。そんな気持ちからレビューサイトを立ち上げました。同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューを毎日更新していく予定です。
SnapCrab_NoName_2018-4-28_9-26-45_No-00

 

ロシアン猫のオリジナル作品「Fall into…2 寝取られた幼馴染が堕ちていく」
品行方正で容姿端麗な彼女の本当の姿は、見るに堪えないほど醜いものだった。

前編「Fall into… -幼馴染が寝取られる-」の煮え切らない
終わり方と後編を仄めかすような内容に唖然とした方は多いはず。1本で完結する作品に見えて「実はシリーズ物」だったというオチはそれなりに衝撃的だった。シリーズ物とはいえ長々と蛇足的に続くわけでもなく、「Fall into…2 寝取られた幼馴染が堕ちていく」でしっかり完結しているのでその点は安心してください。

 

SnapCrab_NoName_2018-4-28_9-26-59_No-00

 

姉のように慕っていた1つ年上の幼馴染。容姿端麗で品行方正な自慢の彼女。近寄るだけで馥郁とした香りが鼻孔を擽り、一度笑顔を見せればそれだけで幸せな気持ちになれた。気付けば当たり前のようにそばに居た幼馴染の彼女。このままずっと一緒なのだと思っていた。そんな彼女が他人の肉棒で善がる光景は想像を絶するモノだった。

前作の概要を簡単に説明すると、不良グループから陰湿な虐めを受けていた主人公の身代わりとして、幼馴染の彼女がリーダー格の男に身体を許す代わりに主人公への虐めを止めさせる。度重なる陵辱に快楽を享受するようになり、快感の奔流に抗えなくなりつつあった。そんなある日の放課後、リーダー格の男に呼び出されて…。

あの男の感覚が忘れられない彼女は男の存在を上書きするように主人公を求めた。優しい抱擁に始まり、タバコの匂いのしないキス、ほのかに香る石鹸と昔からの懐かしい香り、何もかもが男と違った。

冬真さえいれば他に何もいらない、そう思っていた。

 

SnapCrab_NoName_2018-4-28_9-32-37_No-00

 

しかし現実は無慈悲なもので、際限のない快楽を知った彼女の身体は愛だけでは満足できなくなっていた。あの男に拡張された膣内は主人公を包み込むこともなく素通りしていく。求めた男の肉棒では満足にイくことも出来ない。心は満たされても身体はどうしようもなく不満を訴える。無意識にあの男との情交と今の状況を比較する淫らで醜い彼女。結局最後まで性欲の渇きをいやすことはできなかった。

そして、彼女はリーダー格の男の呼び出しに応じてしまう。

嫌悪感に苛まれながら「これは冬真のため」と不義行為を正当化して「際限のない快楽」から目を背けていた。反抗心と嫌悪感という僅かな理性が今の彼女にとっての拠り所だった。でも心の底から嫌悪しているなら、そもそも呼び出しには応じない。快感に耽溺する淫乱で醜い雌、それが彼女の本当の姿だった。脆く、薄弱な反抗心。薬の力であっさりと崩れ落ちた。時間を掛けて積み上げたモノは一瞬にして崩れ落ちる。理性から解放されて快楽を享受することに快感を覚えた女の末路は往々にして醜い。もがけばもがくほど沈んでいく底なしの沼に嵌った秋奈の末路もまた醜いものだった。

凌の呼び出しには必ず応じるようになり、行為は次第にエスカレートしていった。凌の呼び掛けに応じた男共に回され、見ず知らずの逸物を美味そうに咥え込み恍惚の表情を浮かべる今の彼女に幼馴染の面影はなかった。この先の展開は「不満」の一言だった。

意外な形で真相を知った冬真は情交の様子をとらえた動画を片手に彼女を詰問するが、確固たる証拠にもかかわらず知らないの一点張り。保身に走る彼女に腹を立てた冬真が今までの不満をぶちまける。身を挺にしてまで冬真を助けたつもりになっていた秋奈も醜いが、それ以上に醜い彼氏は彼女を許容できず「もう二度と顔を見せるな」と拒絶する。時間を掛けて積み上げたモノが音を立てて崩れ落ちた。

秋奈は自暴自棄になり、依存する相手が冬真から凌に変わった。要するに彼女は一人で生きていけない部類の人間だった。捨てられたくない一心で凌に迎合し、キメセクの快楽に溺れる彼女の姿は本当に醜い。

そうして、凌は初恋だった相手をセフレ兼、金ヅルへと堕とすことに成功した。そしてエピローグに待望の完堕ちしたヒロインの淫乱セックスが用意されている…ものだと思っていた。

その後の結末は地の文だけで、CGは一切ない。

流石にこれには落胆した。
一番肝心なシーンを地の文だけで説明してしまう味気無さ。ヒロインだけでなく、読み手にも無慈悲な結末でした。結末は到底満足のいくモノではなかったが、シーンは充実したモノだった。特に初めてのキメセクで善がり狂うシーンが恐ろしく抜ける。

実用性は折り紙付き。
それだけに最後が勿体無い。煮え切らない。

個人的に心残りのある作品になりそうです。

この記事を書いている人 - WRITER -
kyarun20
作者に想いを届けたい。そんな気持ちからレビューサイトを立ち上げました。同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューを毎日更新していく予定です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 同人CGの館 , 2018 All Rights Reserved.