同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューサイトになります。

夏、妻の選択… レビュー・感想

2018/09/24
 
この記事を書いている人 - WRITER -
d_135756pr

 

桂井よしあき先生のC94オリジナル同人誌「夏、妻の選択…」が8月31日に配信されました。
ある男性教諭との出会いが彼女の真っ当な人生を一変させる。

新しく顧問に就任した男・八木先生は優秀だった。過去の輝かしい栄誉を裏付けるような有力な助言の数々に思い悩んでいた事が馬鹿らしくなるほどあっさりと解決していった。
助言を受けて以来、なんでも相談するようになった。彼女の真面目な性格は厳格な両親譲りで、真面目と遊びの切り替えが上手くできないこと。好きな人がいること。部活に関する事だけでなく、プライベートな事まで、八木先生は色々と助言をくれた。
d_135756jp-001
先生が来て3ヶ月、気づけば先輩の事が好きなのに、八木先生のオンナにされていた。
今まで無縁だった遊びの数々を教えられ、両親には部活が長引くと嘘をついて、その裏では八木先生とのセックスで気持ち良くなっていました。先輩と付き合い始めても、八木先生との関係は続いていた。
初めてのデート中に呼び出され、向かった先のトイレで着いて来た先生に組み敷かれ声を押し殺せないほど激しく抽送されて、何度も絶頂を迎えた。デートを控えた前日にも八木先生の家に呼び出され、彼氏とも交わしたことの無い濃厚なキスを平気でかわし、男の身体に跨って何度も腰を打ち付けた。罪悪感から関係を断ち切ろうとするも、先生のモノを挿入られると頭が真っ白になって何も考えられなくなって、結局デートの後も身体を許してしまう。先輩に隠れて先生に抱かれ、狭い膣内が先生のモノで拡張されていく。

SnapCrab_NoName_2018-9-1_11-38-20_No-00

先生との関係は卒業するまで続いた。
そして数年後。結婚を機に購入したマンションに引越した先で、昔、彼女をオンナにした先生と偶然の再会を果たす。あの頃と同じ様に色々と便宜を図ってもらって、次第に先生に依存する様になった。
彼女は知っている。
男が純粋な親切心を悪用する人間である事を。
これから先、彼女の身に何が起こるかも。

教室で、グラウンドで、部活も言えも修学旅行でも、クリスマスだって彼氏のデートのあと門限だと嘘を付いて、最後には先生の家で腰を振っていた。あの日々を「身体」が覚えている。

 

d_135756jp-002

 

自分を女にした先生と再会を果たし、先生との二度目の夏を迎える寝取られ本。
導入から既に背徳感が漂っており、先輩に恋する純情ヒロインの甘酸っぱい青春模様を見せつけておきながら、「実は先生にオンナにされていた」という事実を薄暗がりの中で静かに、激しく交わされる性行為で表現する手法には大いに背徳感を駆り立てられた。

 

SnapCrab_NoName_2018-9-1_11-40-12_No-00

 

本作は学生時代と結婚後の二部構成。序盤(学生時代)の滾るようなセックスを知っているだけに、結婚後「先生に開発された事実の露見」を恐れて淡泊なセックスしかできないヒロインが、先生との再会を呼び水に激しいセックスに身を投じていく姿が際立つわけです。幾ら繕っても真面目で純情だったあの頃の自分には戻れない。それは旦那が悪いわけではなく、先生の方が雄として優れていただけ。ヒロインも本能的に理解しているから、夫には決して見せる事のない雌の表情を先生に見せるわけです。これだけ精神的苦痛が用意されていて、寝取られとして盛り上がらないわけがない。胸を張って「秀作」だと言える作品でした。

作品紹介ページ
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 同人CGの館 , 2018 All Rights Reserved.