同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューサイトになります。

弟の娘 -JKの姪っ娘は父の居ぬ間におじと二人きり…- レビュー・感想

2018/11/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -

弟の娘 -JKの姪っ娘は父の居ぬ間におじと二人きり…-弟の娘 -JKの姪っ娘は父の居ぬ間におじと二人きり…-

甚六先生のC94オリジナル同人誌「弟の娘 -JKの姪っ娘は父の居ぬ間におじと二人きり…-」無職の叔父の身勝手な報復に巻き込まれた不憫な娘の陵辱本。

弟の娘 -JKの姪っ娘は父の居ぬ間におじと二人きり…-

ある時は料理中に、またある時は入浴中に迫られて…。それは地位・家族・安定全てを手に入れた弟に対する身勝手な報復だった。執拗な指マン、乳首責め、そして膣内挿入。叔父の毒牙に掛けられて、無知な身体は嬲るような大人の性欲を受け止め始める。

弟の娘 -JKの姪っ娘は父の居ぬ間におじと二人きり…-

父親の不在を見計らって行われる計画的な陵辱。
快楽を認めない意思に反して、口から嬌声が漏れ、身体が快楽を享受していることを彼女は知っている…。
無職・不潔・下劣の負の三拍子揃った間男にじわじわ迫られ、隙を突かれて指マンを許し、あまりの気持ちよさに抵抗できずに処女を喪失してしまう内容の陵辱系作品。
33ページと決して多くない分量だが、二度の陵辱未遂と三度目の正直で無知な身体にじわりじわりと快楽を覚え込ませていく過程が非常に官能的でした。特に「指マン」の執拗な描写が秀逸で、水音をわざと聞かせて辱めたり、掻き回して蕩け顔にさせたり、指を二本から一本に減らして緩やかな抽送で焦らしたり、一度で三度美味しいシーンでした。

 

弟の娘 -JKの姪っ娘は父の居ぬ間におじと二人きり…-

弟の娘 -JKの姪っ娘は父の居ぬ間におじと二人きり…-

また終盤の自分の膣から零れ堕ちる精液に絶望する傍ら、快楽の余韻で身体を痙攣させる構図が劣情をそそります。続編が待ち遠しいです。

 

弟の娘 -JKの姪っ娘は父の居ぬ間におじと二人きり…-弟の娘 -JKの姪っ娘は父の居ぬ間におじと二人きり…-穏やかな生活を送ってた父娘家庭に現れたおじ。3日間出張することになった父の留守番をおじと2人ですることになったが…

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 同人CGの館 , 2018 All Rights Reserved.