【同人レビュー】「可愛すぎるビールの売り子が堕とされた7日間の記録」(diletta)

「可愛すぎるビールの売り子が堕とされた7日間の記録」レビュー・感想

dilettaのオリジナル作品「可愛すぎるビールの売り子が堕とされた7日間の記録」が配信されました。ある出来事を切っ掛けに客であるチンピラに弱みを握られてしまう。球場のあらゆる場所で身体を提供させられ、快楽を覚え込まされていくうちにチンピラとの行為に嵌っていく。これは明るく清楚な彼女を絶望の淵に叩き落した受難の記録。

主人公はチンピラではなく「ビール売り子」である彼女・嶋村美沙希のサポート役の男。彼には「可愛すぎるビールの売り子」という触れ込みで有名だった彼女に近づくため、過酷なバイトに応募した経緯があります。下心丸出しな理由で近づいた男だけあって、彼女をサポートする傍ら、勤務中の彼女を盗撮し、それを彼女のロッカーに貼りつけて悦に浸るような重度の変態です。


そんなある日のこと、溺愛する彼女が客であるチンピラに言い寄られ、強引に唇を奪われてしまう様を目撃します。突然の蛮行に驚いた彼女はその客を引っ叩き、拒絶するも強引に押し切られ有耶無耶になってしまいます。

ヒロインに良い格好を見せてアピールしたい。その一心で割って入るも漫画の主人公のようにはいかず、変化球を投げられて撃沈。結局何も出来ずただ傍観することしかできなくて...。明らかにチンピラに非があるにもかかわらず、彼女は対価を求められ、やむを得ず身体を提供する羽目に。

sample3


球場のトイレに連れ込まれたヒロインは、勃起したモノを口の中に押し込まれ、呼吸することもままならないほど激しく挿入されて白目を剥きかける。意識が朦朧とするヒロインにも容赦なく、無理矢理立たせて気付け代わりに挿入。肉付きの良い尻を鷲掴みにしながら無責任射精で子種を植え付け、目をひん剥いて叫喚するヒロイン。これで男との関係が終わる筈もなく、腋の甘い彼女は強姦の写真で強請られてしまう。彼女にとって凄惨な出来事も男たちにとってはまだまだ「始まったばかり」のこと。

こうして「彼女を墜とす一週間」が始まります。

sample1


ある時は球場のベンチ席で無理やり挿入られて、ある時は人通りの多い廊下で舌を絡めさせながら、またある時は通路で声を押し殺しながら犯される。徒男たちの欲求の赴くまま、ところ構わず身体を要求されるヒロイン。挙句、試合中のベンチ席でハメ撮りしている姿を客に見られる始末。繰り返される陵辱の末、羞恥を失い、男達との性交を心の底から愉しむビッチに成り下がってしまいます。

sample2


肉感的な身体を引き立てる構図が多く、特に上図の試合中のベンチでの公然セックスでチンピラに胸を鷲掴みにされた時の恍惚に染まるヒロインの表情、だらしなく開いた口から洩れる嬌声、節操なく流れる愛液といった「胸の大きさ、感度、揉み応えが一目瞭然な描写」がとても良い。本作の魅力がこの一枚に全て詰まっていました。

このままチンピラたちに囲まれて快楽堕ちENDに思われた本作ですが、終盤にして思わぬ伏兵が現れます。その正体は影が薄すぎて存在を忘れられていた「主人公」です。

d_132834jp-002


彼はチンピラの蛮行に便乗して、今まで出来なかった行為に手を染めます。チンピラに心を踏みにじられ、今まで信頼していた同僚にも裏切られ、尊厳を蔑ろにされて子種を植え付けられる。まさに阿鼻叫喚の様相で、快楽堕ちに素晴らしい結末でした。

diletta 関連記事

おすすめの記事