【同人レビュー】「えるどマリッジ」(毛玉牛乳)

「えるどマリッジ」レビュー・感想


毛玉牛乳のC94新作「えるどマリッジ」が頒布されました。小さな魅力溢れるエルドリッジの結婚本。あどけない顔立ち、ふわふわのツインテール、大きな瞳にぷにぷにのほっぺ、小さくても確かな主張を感じる女の子な部分、小さなおへそがキュートで可愛らしくて、後ろを向けば手のひらサイズの小さなお尻が顔を覗かせる。どの部位も可愛いを主張している。彼女の名前はエルドリッジ、アズールレーン随一のロリである(当社調べ)。

えるどマリッジ
えるどマリッジ


まず表紙を見て下さいよ!表紙を!

手には煌々と輝く結婚指輪。ちょっと肌蹴た服装はこれから始まる初夜を予感させ、悩ましそうな表情を浮かべて旦那様をじっと凝視している様相は「待ち遠しい」と期待しているかのよう。そんなエルドリッジが表紙を飾っている。これは...悶死案件ですわぁ...。

えるどマリッジ

本誌を開けば、可愛らしいエルドリッジが至る所に描かれていて、呆れ・睨み・不快・蔑みといった様々な表情を見せてくれる。あれ...不機嫌?

どうやら「子ども扱い」がお気に召さないようで、指揮官のそういう態度が嫌いとにべもなく突き返されてしまう。でもそれは至極全うな反応で、エルドリッジだって一人の女の子。それも、もう結婚だって出来る女の子。子供じゃない。


結婚指輪を差し出した時の嬉しそうな反応が何よりの証左だ。潤んだ瞳で頬を赤らめて「こくんっ・・・♡」と頷くエルドリッジが理性を崩壊させるほど破壊的で、それはもう抱っこしてベッド直行ですよ。エルドリッジが好きな人は勿論、そうでない人もあの表情を向けられたら...もう。

そして始まる初夜シーン。今回はなんと前作になかった「キスシーン」があるんですねぇ。

小さな舌で一生懸命応えようと(絡めようと)する仕草がエルドリッジの魅力を最大限に発揮していて、作中の言葉を借りるなら「また好きなところが増えてしまいました」。可愛いとはエルドリッジの為にある概念なんですね...。


何もかもが小さくて、でも確かに主張している女の子のおっぱい。小さな突起を舐めると女の子な反応を示してくれる。子作り穴も小さくて、でもやっぱり女の子の反応で、温かくて窮屈で、居心地の良いしびれぷにあな。後背位、対面座位、正常位と体位を変えて描写されているので、エルドリッジの魅力を余すところなく味わえました。


特筆すべきはおっぱいの絶妙な膨らみ具合。上述の通り「小さくても確かな主張を感じる女の子な部分」を絶妙に、絶妙に描写されている。丘でも平坦でもないんです。お椀なんです。確かにあるんです!表紙のおっぱいとか特に最高ですね。塗りが入っているだけあって映えて見えます。結局、「玉之けだま先生の描くおっぱいが好き」に帰結するんですねぇ。

毛玉牛乳の関連記事

【まとめ買い】OVERDRIVE選べる5本で6,960セット!
おすすめの記事