【同人レビュー】「CL-ust02」(クレスタ)

「CL-ust02」レビュー・感想


呉マサヒロ先生率いるクレスタのC94新作「CL-ust02」が頒布されました。年若くして指揮官に任命されてしまった少年があれやこれやと悪戯されたり誘惑されたり揶揄われたり襲われそうになったり反逆したりする本です。


貞操はいつも危機。夜戦開始は5秒前。今回は避暑の為、皆でプールに行くことに。当然ながら行く前からひと悶着です。

序盤から既にクライマックスで、豊満な身体が際立つ淫乱な水着を装った赤城が妖美な表情を浮かべてこちらを見つめている...。独占欲の強い赤城は、朝一番に「マーキング」をしておかねばと指揮官の耳や唇に唾液が零れ堕ちるほどの濃厚なキスを交わして、(指揮官の)胸元に零れ堕ちた唾液を愛おしそうに舐め取っていく。これ本当に全年齢対象なんですか...。

IMG_0254


シックスナインの体勢で臍やつま先を舐められたり、股間を押し付けられて理性を失いそうになったり...。全年齢対象という概念が崩壊しそうだ。


次のお相手は加賀。皆まで言わずとも分かります。水着が完全にアウトです。

IMG_0255


逞しい身体つきに「雄」を感じた加賀。それを確かめる様に上半身から下半身まで舌が下りていき...構図的にほぼフェラチオな描写、そして「少しぐらい遅れても構わんだろう・・・先につまみ食いさせてもらおうかな・・・♡」と下着を脱ぎ捨て本番寸前まで。この後指揮官はどうなってしまうのでしょうか。


相変わらずマサヒロ先生の描く「尻」は誘惑が強い。手に収まりきらないほどの大きさ。痩せすぎず、程よくついた贅肉。触ればどこまでも沈んでいきそうな、でも確かに抵抗を感じる絶妙な感触。勝てない。この美尻に勝てる要素が何一つ見つからない。いやむしろ勝たなくていいんだと。素直に敗北を認めて、快楽の沼に飛び込もうではないか。


加賀の猛攻を凌ぎきった(きれてない)と思えば、今度は透け透けの水着を着た高雄に抱きつかれて豊満な胸を押し当てられて窒息しかけたり、密着しすぎて股間周辺が大変なことになったり、全年齢対象が職務を放棄。

IMG_0259


漸くプールに辿り着いた指揮官は、愛宕の身体に日焼け止めオイルを塗ってあげることに。この時点で雲行きが怪しく、全年齢曰くこの時点で踵を返したそうです。

背中から脇腹、胸元、そして敏感な部分に。
IMG_0260


愛宕の誘導にまんまと乗せられた指揮官。ラッキースケベに言い訳する指揮官は、勃起したアレを足で弄られてお仕置きされてしまう。何がどうなったか、ご想像にお任せします。

そして最後はプリンツ・オイゲンに乳首を弄られて...



「CL-ust02」は全年齢対象です。

クレスタ 関連記事

 
おすすめの記事