同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューサイトになります。

生意気女子が次々即落ち!?ドスケベ発情してチ●ポに服従!種付けSEXヤリまくり!! レビュー・感想

2018/09/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -
kyarun20
作者に想いを届けたい。そんな気持ちからレビューサイトを立ち上げました。同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューを毎日更新していく予定です。
SnapCrab_NoName_2018-6-9_20-31-11_No-00

 

ぱらどっくす。のオリジナル作品「生意気女子が次々即落ち!?ドスケベ発情してチ●ポに服従!種付けSEXヤリまくり!!」が配信されました。レディースという名のキャラ性の暴力が襲い掛かる。

▼レビュー・感想
淫欲タクシードライバーで名を馳せた「ぱらどっくす。」の新作。

 

SnapCrab_NoName_2018-6-9_19-59-53_No-00

 

根暗でオタクな兄に軽蔑の目を向け、露骨に嫌悪感を見せる妹。
空手道場の一人娘にして男勝りで凛々しい幼馴染。
事あるごとに絡んでくる実直なクラス委員長
素行不良な2人組のギャル、そしてヤンキー顔負けのレディース。

生意気で理不尽な女どもを「媚薬」の力で発情させて、ち〇ぽで愛嬌のある従順な雌便器に変容させるシチュエーションは得も言えぬ魅力がある。
それは偏に、大多数の男が夢想し羨望するシチュエーションであるからだ。

 

SnapCrab_NoName_2018-6-9_20-0-20_No-00

 

面倒で煩雑な恋愛イベントを一切省き、好感度皆無の相手が一瞬で好感度最大にできるお手軽さ。
「ついさっきまで罵詈雑言を浴びせた相手にすり寄り、物欲しそうな目でち〇ぽを強請る」
もれなくギャップという副産物まで付いている。比較的安易で尚且つ実用性に長けるシチュエーション。こぞって媚薬を使いたがるわけです。

ごくありふれた王道の類型に当てはまる媚薬シチュ。
当然ながら、このシチュエーションだから売れるというわけではない。
マーケティング、知名度もさることながら、個人的には如何に「ヒロインを可愛く見せるか」「ギャップの落差を生み出すか」これが勝負の要だと考えます。原画(構図)・キャラ性・テキストの三位一体となって漸くユーザーの琴線に触れる。
この作品に関して言えば「期待を裏切らない王道」でした。

 

SnapCrab_NoName_2018-6-9_20-15-6_No-00

 

そもそも奇を衒わない王道が「ぱらどっくす。」の魅力であり、地に足着いた作品を生み出す秘訣でもあるように感じます。その辺は過去作(淫欲タクシードライバー)を色濃く踏襲しています。
独創性に富んだ作画も非常に魅力的です。絵的には乳首、アナル、アヘ顔、技術的には配色が独特。
細かい描写(妹のノースリーブの肩紐、レディースの下着)も相俟って良い感じに劣情を刺激してくれます。

 

SnapCrab_NoName_2018-6-9_20-0-4_No-00

 

潮吹きに拘りがあるのか、殆どのヒロインが潮を吹いてくれます。
それも「一目で分かる」ほど大量に。もうそれだけで評価したい。

 

SnapCrab_NoName_2018-6-9_20-3-30_No-00

 

割と粗雑な扱いを受けがちな潮吹き。
「潮吹き」というジャンル自体は認知度も高くメジャーですが、聊か量が控えめと言うか、本当に潮吹きかどうか怪しい描写が散見されるわけです。どう見ても聖水なんですが、案外「汚物」と変わりないように見えるのかもしれません。

 

SnapCrab_NoName_2018-6-9_20-3-10_No-00
SnapCrab_NoName_2018-6-9_20-0-55_No-00

 

本作の潮吹きは120%紛うことなき正真正銘の「潮吹き」です。

基本的には王道路線な本作。しかし一人だけ異彩を放つ明らかに場違いなヒロインが存在する。

 

SnapCrab_NoName_2018-6-9_20-14-0_No-00

知らない人間が彼女を見ると十中八九
「ヤベぇ奴が出てきた」と思う程度には斬新で画期的なキャラ性でした。正直これはアリです。
キャラ性のインパクトもさることながら、即堕ち後のギャップが凄い。
常時強面の彼女が頬を染めてモジモジする姿が破壊的すぎて頭の中が荒野になりました。
しかも上半身さらし姿で可愛らしいストライプ柄のパンツを着用している。これがギャップの奔流。

 

SnapCrab_NoName_2018-6-9_20-14-40_No-00

 

全体的に質の高い作品ですが、これだけ美女揃いでありながら「ハーレムシチュ」が存在しない。
条件は十分揃っているようだが、媚薬の効力(持続性に欠ける)に配慮して意図的に描写しなかったようです。拘る方向性が少し違うような気もしますが、見るからに混ぜるな危険である「レディース」の顔に免じて納得することにします。

作品紹介ページ
この記事を書いている人 - WRITER -
kyarun20
作者に想いを届けたい。そんな気持ちからレビューサイトを立ち上げました。同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューを毎日更新していく予定です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 同人CGの館 , 2018 All Rights Reserved.