同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューサイトになります。

夏が終わるまで アナル編 レビュー

2018/09/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -
kyarun20
作者に想いを届けたい。そんな気持ちからレビューサイトを立ち上げました。同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューを毎日更新していく予定です。
SnapCrab_NoName_2018-4-27_20-45-27_No-00

 

mon-petitのオリジナル同人CG「夏が終わるまでアナル編」が配信されました。

終わらない陵辱、終わらない夏。

「夏が終わるまで」の続編。

彼氏専用の膣穴は、度重なる陵辱と底知れぬ快感によって先生専用の雌穴に塗り替えられた。
彼氏との性交はすでに久しい。幾度の不貞行為で穢れた姿態を見せたくないという事もあるが、それ以上に現在進行形で蠢く無機物の存在を認知されたくなかったからである。その音の発信源は…。
快楽墜ちを経て雌への変貌を遂げた橘由比が次に捧げるモノは、まだ失われていない後ろの処女。

 

SnapCrab_NoName_2018-4-27_20-45-45_No-00

 

彼女の恥辱に塗れたアナル訓練が幕を開ける。
排便をイメージしながら指を咥え、挿入を繰り返す度に増幅する快楽に恍惚の表情を浮かべる様相を呈していた。前と後ろを同時に擦りあげられて嬌声を漏らし、快感を享受するだけの雌犬へと成り下がっていた。指だけじゃ満足できないと自ら膣口を広げて肉棒を所望する彼女の頭には、もはや彼氏の面影など片隅にも存在しない。

 

SnapCrab_NoName_2018-4-27_20-45-53_No-00

 

アナル開発は日に日に増長していく。
バイブを挿入したまま授業を受け、アナルビーズやアナルバルーンで尻穴を拡張されて、肉棒の味を覚え込まされる。アナルへの挿入は、いつしか不快感から快感に変わった。
愛しの彼氏が練習する風景を背後にアナルセッ〇スに励み、挙句の果てにアヘ顔を晒す構図の対比は王道ながらも劣情を催す。

 

SnapCrab_NoName_2018-4-27_20-46-2_No-00

 

以下、個人的な意見。
あらすじから分かるように目新しいシチュエーションや展開は一切ない。王道を地で行く作品だが、作画のおかげで映えて見える。換言すれば内容で勝負する作品ではなく、王道展開の連続に辟易するかもしれない。全体的に質の高い作画だが、内容で評価されるNTR作品を所望する方にはお勧めできない作品でした。

 

作品紹介ページ
この記事を書いている人 - WRITER -
kyarun20
作者に想いを届けたい。そんな気持ちからレビューサイトを立ち上げました。同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューを毎日更新していく予定です。

Comment

  1. 名無しのスターライト より:

    別に目新しいシチュエーションがなくても、変な変化球を投げるより王道を貫く方がよっぽどいいと思いますけどね。
    安定的なNTRシチュエーション、素晴らしい絵のクオリティ、アナル中心の展開等
    自分の評価は星5つの良作です。

  2. 管理人 より:

    >>名無しのスターライト様
    コメントありがとうございます。奇を衒うよりも「王道」を貫く方が良い。大衆に受け入れられている王道だからこそ、地に足がついているのだと。確かに一理あります。
    私一人の感想ですと、どうしても主観的になってしまうので、名無しのスターライト様のように他視点からの感想も頂けるとレビューの幅が広がりますので非常に助かります。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 同人CGの館 , 2018 All Rights Reserved.