同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューサイトになります。

「おっとり新妻 ママみ甘やか寝取られ性活」一度切りの甘やかしは際限のない陵辱へ…。

2019/09/16
 
この記事を書いている人 - WRITER -
kyarun20
同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューを毎日更新していく予定です。

「おっとり新妻 ママみ甘やか寝取られ性活」レビュー・感想


とらいあんぐる!のオリジナル同人CG「おっとり新妻 ママみ甘やか寝取られ性活」が配信されました。母性を求めて購入するのは推奨できない。むしろ母性を求める男性の図に辟易している人にこそオススメできる作品なのかもしれない。

SnapCrab_NoName_2018-4-14_11-15-5_No-00


忙殺の日々に鬱積したストレス。荒廃した現代社会で、世の男性が癒しを求めてしまうのは必然的な事だった。変容する社会に追随する形で、女性に求める理想像も年々変化している。疲れ切った身体を癒してくれて、自分の何もかもを包容してくれて辛いこと・悲しいことがあれば優しく慰めてくれて、どんなことがあっても自分の味方になってくれるまるで母親のような女性を世の男性は求めている。世は母性に枯渇していると言っても良い。


しかし、だからと言って自分の母親にそれを求める禁忌は絶対に犯さない。「近親相姦」という概念が存在すること自体、倫理の輪から逸脱した人間が一定数存在することの証左であるが、大多数の人間は嫌悪するだろう。だからこそ、条件を満たした女性に母の面影を重ね、正統な手段を以て母性を求めようとする。世は母性に枯渇している。もはや、母性を兼ね備えた女性は万能薬的存在と言っても過言ではない。しかし、最近の「安易に母性に頼ろうとする風潮」は頂けない。母性に傾倒するばかりか、偏重しているようにも思える。乳房に喰らい付きながら怒張した逸物を扱かれる情けない様相を何度みたことか。それはもういい。本作もその類型に当てはまるのか、そう思っていたが意外な形で裏切られた。

本作の良さは何といっても「他人から甘えられることで庇護欲を満たし、主人公を下に見ていた女が、いつの間にか甘やかされる立場に逆転していた」に尽きる。


今まで甘やかして「あげていた」男に犯され、情欲の溺れ、次第に男との情交に積極的な姿勢を見せる彼女の姿には大いに嗜虐心をそそられた。男の態度も次第に増長していき、最終的には依存という形で、彼女に求められた時の快感は何物にも代えがたい。

特に印象的な終盤のシーンと女の心情描写。旦那の写真を尻目に快楽に溺れて忘我する女の様相に途轍もない優越感を感じた。もはや旦那の存在など頭の片隅にもない。

「そこには誰かと撮った写真が飾っていた気がする。」
「何の写真だったっけ・・・」
「最早どうでもいいことだ」
「この人と一緒に過ごす時の方が価値がある」

そう言いながら、彼女は最愛の男の指を愛おしそうに舐めた。

とらいあんぐる! 関連記事


「激カワ女服従!性地巡礼 生中出し政策」全国の可愛い女を孕ませ放題!
「激カワ女服従!孕ませ中出し政策」全女を男の捌け口にした最悪の法律・解禁!
「おっとり新妻 ママみ甘やか寝取られ性活」一度切りの甘やかしは際限のない陵辱へ…。

この記事を書いている人 - WRITER -
kyarun20
同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューを毎日更新していく予定です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 同人CGレビュー&感想の館 , 2018 All Rights Reserved.