同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューサイトになります。

性がブチまけられたベッドシーツ レビュー

2019/01/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -
kyarun20
作者に想いを届けたい。そんな気持ちからレビューサイトを立ち上げました。同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューを毎日更新していく予定です。

性がブチまけられたベッドシーツ

「佐々木夏美の子宮が堕ちた日」で馴染みのIris art のオリジナル同人CG「性がブチまけられたベッドシーツ」が満を持して配信されました。

 

寝取られモノは女性を神聖化しすぎる傾向にあるが、この本作のシーラや前作の佐々木夏美はごく一般的な市民であり、ごく一般的な主婦である。性欲はすこし強いが、浮気心は人並み。感情に流される素養は十分にある。雄々しいち◯ぽに靡いたとしても不思議ではない。本作、並びに前作は、その描き方が非常に上手い。だから情に流される二人を見ても蓮っ葉な女とは思わないし、等身大の女性像がスーっと入ってきた。お陰でシーンに没入でき、非常に充実した自慰を行うことが出来た。シーンのバリエーションも豊富で、そのどれもが如才なく描かれている。ハイクォリティなコンテンツが1000円以下で手に入る現実が未だに信じられない。

佐々木夏美の子宮が堕ちた日の面影を感じる導入部に思わず笑ってしまった。よもや関係性など皆無だが、仮に「裕二の前世がウォーレン」という隠されたキャラ設定が存在するとしても驚愕に値しないだろう。

IMG_9296

 

地味な服装にエプロン姿は豊満な姿態を隠すためのカモフラージュだが、贅肉鑑定団の目は欺けない。エプロン越しですら分かるドスケベな姿態。隠しきれない。少し垂れ下がった豊満な胸、日々の怠惰の積み重ねを体現した贅肉、そしてズボンの上からでも分かるほどの肉感を備えた尻。美は細部に宿る。齢24にして完成された姿態の持ち主だった。世の女性は、痩身かつくびれた姿態に美を見出し、それを手に入れようと努力を惜しまないわけだが、世の男性は、くびれを失い贅肉のついた怠惰な姿態の方が「女性らしい」と感じる。贅肉は怠惰の象徴でもあるが同時に女性の象徴でもあると私は思う。
しかし、ただ無作為に贅肉を付ければ良いというわけでは無い。それはただの豚である。あくまでも女性の垣根を超えない程度のささやかな贅肉さえあればいい。多くは望まない、ほんの少しで良い。今や贅肉は、異性を意識するためのファクターであると言っても過言では無い。故にシーラのような女性に対してドスケベな姿態と形容し、理性ではどうにもできない劣情を催す。


Iris art 作品を象徴するといっても過言では無い要素は「表情」にある。
快楽の奔流に飲み込まれ、鼻水や涙でぐちゃぐちゃに崩れた顔を晒す。女性の尊厳をかなぐり捨てたような攻めの姿勢と独特な表情。絵のクオリティは決して高いとは言えない。ムラもある。しかし、Iris art の独創性に富んだ表情は、それを補って余りある魅力であり、ありえないほどシコれるシコンテンツへと昇華させた。


Iris art 作品のこだわりは「クンニ」にあると思う。
前作の「台所でおにぎりを握っている夏美にクンニ」シーンで見せた一心不乱にムシャぶりつく彼のソレは、吸引力の変わらないただ一つ掃除機を彷彿とさせられた。あれにクンニされた女には正直同情する。あれはひとたまりも無い。何もかも吸い尽くされてしまうだろう。あれにクンニされた女が「獣のような叫び声」を上げるのも得心がいく。

そして、本作の竿役ウォーレンは裕二を上回る吸引力だった。本作のクンニは4頁にわたる長尺。ネチっこく、かつ大胆に動き回る舌使い。そして擬音で埋め尽くさなければ表現できないほどの吸引力。勝てない。これは勝てない。同じ男として尊敬する。あれほど膣内を蹂躙されて「またして欲しい…」と雌の本性を曝け出さない女は存在しないのでは無いか。例え佐々木夏美やシーラのような、したたかな女であっても。

IMG_9301

寝取られモノは導入から墜とし方まで多岐にわたる。薬を飲ませて強引に性交し、その様子を収めた画像で脅して関係を迫るやり方、金銭的な事情から窮余の一策として見ず知らずのおっさんと情を交わすうちに、女としての悦びを覚えるなど。本作のソレも強引な寝取られに見えるが、少し趣向が違う。嫌がる素振りを見せつつ、快楽には抗えず、不義行為を待ち望んでしまう。やり口こそ強引だが、ヒロインの心情がそう感じない。なんとも不思議な感覚。

だからといって完全に堕ちるわけではなく、身体は許しても心は許さない不屈の精神を貫いている。「これはバートのため」と旦那が最後の砦であり、堕ちそうで堕ちない砦は、最後まで堕ちる事はなかった。この絶妙な加減が最高なんです…。

▼関連記事▼
佐々木夏美の子宮が堕ちた日 レビュー・感想
性がブチまけられたベッドシーツ レビュー・感想

性がブチまけられたベッドシーツ性がブチまけられたベッドシーツ

この記事を書いている人 - WRITER -
kyarun20
作者に想いを届けたい。そんな気持ちからレビューサイトを立ち上げました。同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューを毎日更新していく予定です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 同人CGの館 , 2018 All Rights Reserved.