同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューサイトになります。

僕と彼女のお母さん レビュー

2019/01/12
 
この記事を書いている人 - WRITER -
kyarun20
作者に想いを届けたい。そんな気持ちからレビューサイトを立ち上げました。同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューを毎日更新していく予定です。
SnapCrab_NoName_2018-3-18_19-47-47_No-00

北沢産業のオリジナル同人CG「僕と彼女のお母さん」が配信されました。私はどうして他人の所有物ばかり好きになってしまうのだろうか。

隣の芝生が青く見えるように、隣の人妻もそう見えてしまうのだろうか。全く以て業が深い。あの人妻が旦那と情交していると考えただけで負の感情が増幅する。なんと身の程知らずな感情だろうか。しかし、しかしだ。人妻という甘美な響きには抗えない。私の気持ち、分からなくもないだろう?

この人妻を見てくれ。

DYd6rcfVQAARKoJ

 

左手薬指で輝きを放つ、他人の所有物である証。透き通った声。熟れた姿態に艶やかな唇。やや垂れ気味の乳房。無理の目立つ服装。花も恥じらう乙女でもない妙齢の女性にしては肌の露出が目立つ。明らかな若作りだ。だがそれが良い。

この年代の女性は身体のラインが出てしまう服装を嫌う傾向にある。「ニットワンピース」といったラインの出ない服装を好む。もはや人妻の必需品と言っても良い。怠惰の象徴である「贅肉」を覆い隠す為のカモフラージュである。贅肉は女にとっての恥に他ならないからだ。
しかし、立花美咲(38)は敢えて身体のラインを見せつけるかのような服装を着こなしている。これは相当な自信の表れだろう。旦那の為に「いつまでも美しくあろう」とする努力が彼女に自信を与えたのだ。悔しいが、美しい。

化粧はしているものの寄る年波には勝てないのか、小皺がうっすら見えてしまう(想像)。目尻の皺だってそうだ。どうしようもなく「38歳」であることを主張している(想像)。
ファンデーションで誤魔化そうったって、そうは問屋が卸さない。
恐らく香水も使っているだろう。私には分かる。柑橘系だ。

そして何より、38歳だ。

旬を逃した妙齢の女性?38歳とか控えめに言ってBBA?あそこが臭そう?


女は「30」過ぎてからが本番だ。

そんな熟れに熟れた人妻に…私はどうしようもない「劣情」を催してしまった。
彼女は控えめに言って最高の人妻だ。佐々木夏美(31)という絶世の人妻に比肩すると言っても過言ではない。

 


話は、恋人の立花香織の母親である立花美咲(38)の熟れた姿態に抗えぬ劣情を催し、そのまま押し倒してしまうと言った流れだ。娘とのセックスに水を差され、悶々としていた所に立花美咲(38)の熟れた姿態を目にしてしまう。逆らえない。それは自明の理だ。

「年齢なんか関係ない。おばさんはこんなにも美しいのに。この先ずっと母親や妻として時間を持て余していくつもりですか」
「そんなの…勿体無すぎます!」

彼の悲痛な叫びは痛いほど分かる。しかし、それは己の欲望の正当化に過ぎない。母親として人妻としての彼女を解放するという名目で己の欲望を満たしたいだけだ。しかし、本作は主人公だけに非があるわけではない。

 

SnapCrab_NoName_2018-3-18_20-38-33_No-00

 

彼女が「不倫サイトを閲覧していた」という不義行為もまた、己の欲望を満たしたいと考えていることに他ならない確固たる事実である。だから彼女は「旦那との愛」を盾に頑なに拒絶しようともしない。彼女が「いつまでも美しくあろう」とする努力を怠らなかったのは、旦那の為ではなく、別の誰かの為である。エロい。

ある偉人は云った。
「満足な豚より、不満足な人間であれ」

彼女もまた「不満足な人間」であった。だからこそ美しい。

 

SnapCrab_NoName_2018-3-18_20-38-53_No-00

 

風呂場で見た彼女の姿態は素晴らしいものだった。やや垂れ気味の乳房、肉感のある尻。
控えめに言ってセックスだ。裸エプロン姿とか見てくれ。完全に強制射爆案件だ。
裸エプロンでの体面座位セックスは強烈だった。自分から膣壁にアレを擦りつける欲求不満な行動に理性が崩壊し、蹂躙の限りを尽くした。

最高の人妻だった。それは間違いない。

しかし、しかし。一つだけ不満がある。「夜を徹した情事」の記載があるが、実際には「夜を徹した情事」の前で話は終わる。これから本番という段階で「俺達の戦いはこれからだ」と文言を叩きつけるのは流石にどうなのか。これから…これからなんだよ。夜はまだ始まっちゃいなかったんだよ。
「12:00」→「2:00」→「4:00」→「7:00」みたいに時間ごとのセックスの様相を描写した「定点カメラ」に期待したんだよ。「夜を徹した情事」なんて言われたら期待してしまうだろぉ。その辺りは続編に期待するとします。

作品紹介ページ
この記事を書いている人 - WRITER -
kyarun20
作者に想いを届けたい。そんな気持ちからレビューサイトを立ち上げました。同人CG、同人ゲーム、エロゲーのレビューを毎日更新していく予定です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 同人CGの館 , 2018 All Rights Reserved.