【同人レビュー】「暴露セックスTV-妻の過去に耐えられたら100万円-」(東京プロミネンストマト)
暴露セックスTV-妻の過去に耐えられたら100万円-

東京プロミネンストマトのオリジナル作品「暴露セックスTV-妻の過去に耐えられたら100万円-」が配信されました。司会進行役の二人の軽妙なトークで企画物AVのような軽い雰囲気を醸しているが、ゲストは「清楚に見える貞操観念0な妻に現在進行形で裏切り続けられている夫」というやってることが相当えげつない寝取られモノ。無慈悲な最後を迎えます。


妻の過去に耐えられなくなった場合の救済措置として「記憶を抹消するスイッチ」が用意されているのだが・・・その過去は速攻でスイッチを押したくなるほど凄絶でした。

女子校育ちの箱入り娘が大学サークルの飲み会でチャラ男にお持ち帰りされたことで性に目覚め、男の家に入り浸り毎日セックス。夫は妻とセックスするまでそれなりの時間がかかったらしいですが、妻はチャラ男と即日セックス。その後も海でナンパされた男とその日にセックス、後輩男子を誘惑してセックス、高校時代の塾講師と再開直後にセックス、大人になっても性癖は変わらず会社の上司をそそのかしてセックスなど男をとっかえひっかえセックス三昧。そこに普段接している清楚な妻の面影など何処にもなく、「どんどんセックスにのめり込んでいく痴女」という無情な真実だけが映し出されていました。

旦那がしてもらうフェラが昔の男に仕込まれたものって良いですよね…。


酷い。あまりにも残酷。ただ本当に惨いのはここから。夫は自分に操を立ててくれていると思っていた相手が自分以外の男、それも複数の相手と「心から愉しんでセックスしていた」ことを知り、妻の過去を最後まで見ることなくギブアップしてしまいます。しかしこれもまた地獄への入り口で、夫は「妻が現在進行で浮気している(しかも番組収録直前)」という真実を知らないまま幕を閉じます。仮に耐えていたとしてもその真実を知ることになり地獄、耐えられなくても生き地獄という八方塞がり地獄。それもギブアップという安易な救済を求めた先は真の地獄という惨たらしいオチが待っています。

設定、シナリオ、展開運び、シーン描写、どれも秀逸な作品でした。特に記憶を消せるスイッチのギミックが面白い。ギブアップこそ真の地獄ってところが非常に上手いなと思いました。

暴露セックスTV-妻の過去に耐えられたら100万円-
おすすめの記事