【同人レビュー】「放課後代理妻 義父は娘を孕ませたい」(規制当局)
放課後代理妻 義父は娘を孕ませたい


規制当局のオリジナル作品「放課後代理妻 義父は娘を孕ませたい」が配信されました。不妊で悩む母親の為に義父(注意:汚いおっさん)と子作りセ〇クスさせられる話。二部構成の予定らしく今回はその前編。初体験のシーンがねっとり描かれており、嫌がる少女が辱められる痴態模様が好きな方には刺さるかと思います。くっそエロいです。ちなみに初体験は14ページと並みの同人誌1冊分ぐらいのボリュームでした。

個人的な感想ですが、良い作品だと思います。ボリューム面もそうですが、作画の安定感、無理やり快楽を押し付けて黙らせるTHE凌辱なシチュエーション、汚いおっさんに犯されゆく娘の泣き顔や苦悶に歪んだ表情などなど下半身が忙しくなること請け合いです。それにしても塗りが本当に綺麗ですねぇ・・・惚れ惚れします。


ただ初体験シチュに注力しすぎたのか、堕ちるまでの過程がやや急ぎ足気味で大まか。具体的には2~4ページほどのシチュが3回ほど。頑なに拒んでいた娘が情欲に溺れていく様を愉しまれる方には少し物足りなさを覚えるかもしれません。

ちなみに前編は義父を受け入れるまで。排卵誘発剤を飲ませて孕まセ〇クスをしようとするところで終わります。後編では着床エッチ&NTRシチュを描く予定らしいです。正直なところ尻切れトンボ感は否めませんが、期待感は滅茶苦茶高い作品です。

放課後代理妻 義父は娘を孕ませたい
おすすめの記事