【同人レビュー】「みだらな日常 6」(むちむちねこ)
みだらな日常 6


むちむちねこのオリジナルイラスト本「みだらな日常 6」が配信されました。幼馴染、お嬢様、ツンデレ、クーデレ、気弱など属性持ちの女の子たちの淫らな日常を切り取った作品。飽き性な自分が唯一追ってる同人シリーズ。巻数を重ねるごと最高を更新する素晴らしい作品です。

エロシーンだけを切り取った作品形式やヒロインの個性・シチュエーションが分かりやすいこともあって「手軽に抜ける」のがとても魅力的。とにかく抜きたい、無我夢中に本能の赴くまま…なんて時に重宝しそうな作品でした。一応シリーズモノですが、ストーリー重視の作品ではないので本作からの購入も全然OKです。ただシナジーはあるので過去作を読むとより一層抜けます。

過去作レビュー

純情少女・茶髪ちゃんの場合


今回の新ヒロインは主人公の幼馴染ちゃん。初々しく甘酸っぱい恋心を抱く幼馴染ちゃんがとにかく可愛らしいわけですが、そんな純情少女が暴走主人公の変態プレイに巻き込まれ、求められるまま健気に応えているうちに淫らに染まっていく。そんな流され感がなんとも堪らなくて良きです。

特に良かったシチュエーションは初セックスで用意したゴムを使い切り、勢いで中出しセックスしてしまうシーン。ノリ気じゃなさそうに見えて実はちゃっかりゴムを用意しているところもそうですが、いつの間にかゴムを使い切るまで無我夢中になっていたり、生はダメと言いつつも中出しされてとびっきりのトロ顔アクメ決めちゃうなど本当にいじらしくて捗りました。茶髪ちゃんとは少し違った「流され」の良さを感じました。


他のシチュエーション

・ムラムラしたと言われて手コキ
・見るだけのはずが胸愛撫、パイズリ
・初ベロチュー、フェラチオからの精液ごっくん
・初セ◯クス、用意したゴムを使いきり生セ◯クスに

過去ヒロインの場合


前作のメインヒロインだったメイドさん。本作でも相変わらず「性処理」として何だかんだで奉仕させられる不憫ポジション。バイトとは関係のない休日に自宅訪問され、お茶を出すだけのはずがいつの間にかパイズリフェラさせられ、奉仕するうちにムラムラしちゃって結局2回もセ〇クスしてしちゃいます。ノリ気じゃなかったのに、強引にスイッチ入れられて激しく求めてしまうヒロインの乱れ姿。地が真面目でクールなだけあって大変良かったです。今回は彼女が一番「みだらな日常」を過ごしていたように感じます。

主なシチュエーション
・眼鏡姿でパイズリフェラ
・胸愛撫されながら騎乗位奉仕
・寝バックで二度目の中出し

またシーン以外にも「メイド」とは違った普段のラフな姿が拝めるとあって、正装とのギャップで大変捗りました。


全ヒロイン中もっとも流されやすい茶髪ちゃん。押せば何でもやらせてくれることを良いことに今回は「ファミレス」という公共の場で変態プレイに巻き込まれてしまいます。誰も見ていない隙に服を捲っておっぱいを露出させたり、揉みしだいて辱めたり、挙句の果てにトイレでガチ生ハメしたりと羞恥度の高いプレイが目白押しとなっていました。いつバレてもおかしくない状況で、漏れそうになる喘ぎ声を必死に押し殺して我慢する健気な姿が本当にいじらしくてそそります。そんなヒロインの頑張りを見ているとついつい追い詰めたくなるのが男の性。怒涛の責めで何とか喘がせようとする主人公の姿に好感が持てました。感情移入・没入性は高いと思います。

主なシチュエーション
・ファミレスにて、おっぱいを露出させて愛撫&手コキの羞恥プレイ
・ファミレストイレにて、胸を弄りながら背面座位生セ〇クス


そして恒例の過去ヒロイン同士の絡み合い(3P)。今回は尽くし系ヒロインの銀髪ちゃんとチョロインの金髪ちゃんの凹凸コンビ。豊満な胸を使ってパイズリ奉仕する金髪ちゃんを羨みながら亀頭舐めする銀髪ちゃんの何とも微笑ましいシーンに始まり、二人並べて交互に手マン&バックで責め立てる激しいプレイでフィニッシュ。精液を溢れさせながら余韻に浸る二人の姿に感無量でした。


2組目は青髪ちゃんと黒髪ちゃんの清楚×変態コンビ。無知な青髪ちゃんに気持ち良いオナニーのやり方や女の子同士のセックスを教えるという完全百合シチュですが・・・THE性癖の塊。是非本編で見て欲しいので詳細には語りません。

みだらな日常 6
おすすめの記事