【同人レビュー】「古本屋のお姉さんと」(生き恥ハミングバード)

「古本屋のお姉さんと」レビュー・感想

古本屋のお姉さんと


生き恥ハミングバードのオリジナルコミック「古本屋のお姉さんと」が配信されました。古本屋で働くお姉さんと店に通う常連の男の子のじっとりえっちを描いたおねショタモノ。純真無垢な少年に暇と性欲を持て余したお姉さんがいけない情操教育をしちゃいます。思わずムズムズしてくるようなお姉さんの大胆でえっちな手解き。大変捗りました。モノクロ漫画31ページ(本編は23ページ)です。


▼全体的な流れは

①常日頃からお姉さんのえっちな身体に興味津々だった少年。身体を押し付けられて「おちんちんがムズムズするんです・・・」としゃがんだ姿に思わずゾクゾクしたお姉さんは悪戯心でフェラチオしちゃいます。

②その日を皮切りにえっちな関係が始まり、お姉さんに性処理をお願いするように

③生おっぱいを見せてあげ、授乳手コキ→フェラチオ

④「もっと気持ち良いことしてみない?」と誘惑し、発情しきったショタ君とゴムなし生セ〇クス


主人公は勃起も知らないピュアな男の子。アプローチはお姉さんからですが、性処理してあげるうちにいつの間にかお姉さんの方が夢中になって性に流されてしまいます。一目で分かる「大人のお姉さん」があまりの気持ち良さに取り乱れる・・・みたいなギャップが好きな方には堪らないかと思います。ヒロイン視点なので内面の乱れもしっかり描写されていてgood。ジャンルの良さが詰まった良作でした。

ただ本来なら「セ〇クス三昧の爛れた性活」に続くわけですが、これは続編(があれば)に持ち越しのようです。それもあって締めが少し足りないかな・・・と言った尻切れトンボ感は否めませんでした。

古本屋のお姉さんと
おすすめの記事