【同人レビュー】「みだれうち2」(サイクロン)
みだれうち2


サイクロンのオリジナルコミック「みだれうち2」が配信されました。テニス部エースのヒロインが彼女の実力に嫉妬した後輩の罠に嵌り、セフレの輪に入れられてしまう話。前作ですでに堕ち気味だったヒロインですが、それよりもさらに深いところまで堕ちていきます。フルカラー75ページ。

過去作レビューはこちら


前作で後輩の罠に嵌り、セフレの輪に入れられてしまったヒロイン。「ゴムの買い出しが先か中出しが先かの勝負であっけなく中出し」、「電マで何度も潮吹き絶頂」など毎日のように激しいセ〇クスを強いられ、日常への影響が出始めてしまっています。

そんな彼女の変化に気付いた主人公は原因に当たりをつけ、勉強会に参加することに。しかし、勉強会の実態が「後輩セフレとのセ〇クス」であることには気づいていない様子(最後まで気づきません)。

それは彼氏が側に居る状況でも変わらず、脱衣所でセックスを強要。初めは拒むヒロインですが、クンニ、そして性感帯である乳首を弄られ逆らえなくなってしまい・・・。バックハメ、乳首しゃぶりながら立ちバック、69で何度も絶頂させられてしまいます。


現在進行形で彼女が犯される一方、後輩と二人きりの主人公は「彼女のパンチラで勃起していたこと」を指摘され、フェラチオ逆レイプされる羽目に。不義行為に抵抗する主人公ですが、ビッチの超絶テクを前に訳も分からずあっさり射精してしまいます。

後輩の欲求不満に付き合わされる哀れな主人公の構図にも見えるシーンですが、真意は別のところにあって・・・。


その夜、(不義行為を経験したことで)互いの愛を確かめるために身体を交わす二人。しかしそれこそが後輩の狙い。凡庸な彼氏との「淡泊なセ〇クス」を経験させることで、セフレとのセ〇クスを否応なしに比べさせるよう仕向けます。

案の定、彼氏とのセックスではイクことができず、欲求不満を募らせていくヒロインは次第に我慢できなくなっていき・・・。「テニスを捨ててセフレを選ぶ」最後を迎えます。落伍者とエースの見事な立場逆転・寝取られでした。

みだれうち2
おすすめの記事