【同人レビュー】「浮気と本気」(裏筋部屋)

「浮気と本気」レビュー・感想

浮気と本気


裏筋部屋のオリジナルコミック「浮気と本気」が配信されました。彼女の浮気現場を目撃して意気消沈する主人公が彼女の友人で恋のキューピットであるヒロイン・倉本美佳に打ち明けると、偶然にもヒロインの彼氏だったことを知る。奇しくも裏切られた二人は、互いの傷を舐め合うように身体を貪り合う・・・という意趣返しのようなシニカルな浮気話。モノクロ漫画44ページ。


ストーリー重視の作品ですが、控えめに言って展開運び(セックスに至るまでの過程)がかなり秀逸。この手の作品は酒の勢いを過信しすぎていると言いますか、展開運びが雑で強引なきらいがありますが、本作はそこに無理・違和感を全く感じさせない。雰囲気づくりと間の持たせ方も秀逸で、惹かれていく二人の様子がごく自然体に描かれていました。それもあって感情移入や没入感が段違い。流れるように一抜きしてしまう作品でした。


またサンプル画像を見て分かるように、作画もかなり秀逸。ただ綺麗すぎるというのが仇になっていると言いますか、絵画を眺めているような気分になって邪な感情が入りずらく、平たく言えば少し抜きづらい印象()を受けました。これは個人の性癖と相談になる部分なので万人に「こうだ!」とは言えませんが、一個人としては「絶妙に崩れた下品絵を求める人には向かない」ように感じました。ただし、サンプル画像を見て「これは抜けそうだ」と思った方はその限りではなく、そのまま購入でもその時の期待を裏切られることはまずないでしょう。

厳密には雰囲気で抜けるが、絵は抜きづらいと言うことです。個人差がある部分なのでサンプル画像を要参照。


最後に話の流れとプレイ内容について簡単に列挙しておきます。ネタバレ注意です。


・彼女の浮気現場を目撃して意気消沈する主人公。飲み会で仲間に慰められ、友達の一人で彼女を紹介した張本人であるヒロイン「倉本美佳」と帰ることに。

・その道中で浮気相手がヒロインの彼氏だったことを知り、ヒロイン宅で二次会と言う名の愚痴り合いが始まる。

・酒を空けるうちに自然とそういう雰囲気になっていき、勃起していることを悟られたのが決定打となって・・・。


・キスしながら手コキ。ゴムを咥えながら服を脱ぎ、主人公の制止を振り切って騎乗位挿入。

・煽情的なヒロインの姿に主人公もノリ気になって、下からピストン。あまりの激しさに主人公に主導権を握られ攻勢逆転。射精の感触に身体をビクビク痙攣させて絶頂するヒロイン。一回で終わるつもりが「もっとしたくなったじゃん」


・場所を風呂場に移してフェラチオ。ち〇ぽを乳首に擦り付け、谷間に挟んでパイズリ。「好きなところに射精していいよ」と言われ、脇に思いっきり射精。「誰とでもこんなことしないからね」のセリフがかなりgood(酒の勢いだけじゃなくて、ちゃんと自分の意志でセ〇クスしたくなったという気持ちが感じられて滅茶苦茶興奮しました。)

・勢い任せのピストンで立ちバック。途中インターホンが鳴り響き、ヒロインの彼氏が来るも無視してベッドで身体を貪り合う。


・ゴムを使い切りどうしようか迷っていると「(膣に)出していいよ」

・その一言に昂って激しく身体を求め合う二人。射精の予感に呼応して大しゅきホールドでぎゅーっと掴まり、思いっきり膣内射精でフィニッシュ。

・お互いの恋人と別れてヒロインと付き合うことになり、「俺は絶対に浮気しないから」 と誓ってハッピーエンド。このシニカルなセリフがまた良い味出しているんですよね・・・。色々と想像が膨らみます。

浮気と本気
おすすめの記事