【同人レビュー】「白百合姉妹攻略」(abgrund)

「白百合姉妹攻略」レビュー・感想

白百合姉妹攻略


abgrundのオリジナル同人誌「白百合姉妹攻略」が配信されました。表向きはセラピスト、裏向きは凄腕催眠術師の男が美人三姉妹を催眠で好き放題つまみ食いする話。メスリズムシリーズの主人公ですが、それ以外の繋がりはないので初見でも楽しめる作品となっています。

ガチの催眠モノではなく割とソフトな催眠モノなので肩の力を抜いてリラックスしながら読める(抜ける)かと思います。三姉妹攻略を一冊に纏めているので一人頭の尺が短いのは否めませんが、性格や体格、彼氏の有無(三人中二人は彼氏・婚約者持ち)といった境遇など三者三様で幅広く性癖をカバーしていること、清楚から淫乱のギャップ感が最大限感じられること、一コマ一コマに上質なこともあり、十二分に抜けるシーン描写となっていました。


■三女の場合
最初の被害者は有名私立に通う三姉妹の三女・小春ちゃん。まだセ〇クスを知るには早すぎる禁断の蕾。 あどけなさ残る顔立ちや妊娠できない未熟な身体は背徳感に溢れています。そんな彼女も催眠の餌食に・・・。

何をされるか分からず不安がるヒロインを優しく宥めながら誤認催眠をかけ、自分のことを犬、ち〇ぽを甘い味がする美味しいものだと思い込ませ、フェラチオ刷り込み。口内射精し満足すると今度はバック挿入で催眠交尾。処女膜を破られ、狭い膣内をミチミチと拡張される感覚に顔を歪ませるヒロインでしたが、次第に艶っぽい声が漏れはじめ、とろんとした顔つきに。犬らしく涎を垂らしてわんわん鳴きながら射精を受け止め、オスのチ〇ポ汁を搾り取るメスとしての役目を果たします


■次女の場合
次の被害者は三姉妹の次女・千夏ちゃん。おっとりふわふわした性格で年相応な身体つき。清いお付き合いをしている彼氏がいるそうで、最近ようやくキスを交わした模様。心に誓った相手がいる彼女も催眠の餌食になってしまいます。

冒頭から容赦なく処女膜を破られ、純潔を汚されるヒロイン。処女膜貫通の痛みを紛らわせるため、挿入しながら濃厚ディープキスで彼氏とのファーストキスを上書き。ち〇ぽの感覚すっかり慣れた彼女は、甘い声で喘ぎながら初めてのセックスで膣イキしてしまいます。流石は学園きっての才女。セ〇クスの才能も人並み以上でした。


■長女の場合
最後の被害者は三姉妹の長女・三雪ちゃん。利発的で楚々としたクール女子。三女の中では最も発育の良い身体つき。潔癖なのか陰茎に対して抵抗感があるようです。また彼女には婚約者がいます。話によると性経験が浅く、セ〇クスは痛いものだと思っている。そんなセ〇クス嫌いの彼女も催眠の餌食に・・・。

セラピーに対して猜疑心の強いだけあって、慎重に施術する主人公。その甲斐あって誘導通り服を脱がすことに成功。生まれたままの姿で対面し、ち〇ぽを身体にこすりつけ苦手意識をなくそうとします。ぷっくり勃起した乳首をコリコリ弄り、舌を激しく絡め合い濃厚ディープキス。下準備を済ませると、あとは一言「お〇んこの疼きが治りますよ」と囁くだけ。


たったひと突きでセ〇クスの概念を塗り替えられ、アクメ宣言しながら思いっきり絶頂。あまりの気持ちよさに脳が壊れたように快楽信号を送り続け、突かれるたびに絶頂するヒロイン。ずっと絶頂しっぱなし状態で、終わる頃にはすっかり「セ〇クス=気持ち良い」が結びついてしまいました。

白百合姉妹攻略

abgrund 関連記事

【まとめ買い】OVERDRIVE選べる5本で6,960セット!
おすすめの記事