【同人レビュー】「今泉ん家はどうやらギャルの溜まり場になってるらしい2」(のり御膳)

「今泉ん家はどうやらギャルの溜まり場になってるらしい2」レビュー・感想

今泉ん家はどうやらギャルの溜まり場になってるらしい2
エンドレスハーレムセ〇クス!何処を開いてもヤっている!


のり御膳のオリジナル同人CG「今泉ん家はどうやらギャルの溜まり場になってるらしい2」が配信されました。母性本能を擽る純情男子がひょんなことからクラスメイトのギャル3人組とえっちな関係に発展して約1カ月が経ち、今ではすっかりセ〇クスが日常の一部となっていました。そんな爛れた日々を過ごす女3人男1人で2泊3日の温泉旅行に行くことに・・・。

「ゆっくり温泉に浸かれるのかな…」と呑気な心配する主人公。しかし、ヤることしか頭にないギャル達との旅行が一般的なソレに当てはまるわけもなく、それどころか目的地に向かう列車の中でも迫られてしまい・・・。クラスのイケイケギャルたち体力が尽きるまでヤリまくる2泊3日の温泉旅行が幕を開けます。

※本レビューで使用された画像につきましては作者様より利用の許諾を得た上で掲載しております。

ギャル達と共に行く2泊3日のセ〇クス旅行!


目的地に向かう列車の中。足コキでギンギンに勃起したソレを竿フェラと玉フェラの同時責めで搾り取られた主人公。性欲旺盛なギャル達相手に休む暇などなく、目的地に着くやいなや2回戦に突入。

セ○クスがしたくてうずうずしていた浜崎さんに迫られ、膣奥にぐっぼり挿れられてしまいます。蕩けるような膣襞の感触にスイッチが入った主人公は、浜崎さんのおっぱいにむしゃぶりつきながら容赦ない抽送で責め立て、中出しと同時にヒロインをアクメさせます。


その様子を傍観していた胡桃坂さん。こちらも待ちきれないとお○んこをくぱぁとさせて中出しをおねだりしてきます。すでにセ○クスのことしか頭にない主人公は、その誘惑の赴くまま性を貪り尽くします。

淫らな雰囲気にあてられ、愛液でぐちょぐちょになった佐々木さんのお○んこにもクンニで応えながら、ぎゅーっと抱きついてくる胡桃坂さんとイチャラブセ○クス。胡桃坂さんに中出しすると、今度はこっちと言わんばかりに壁に手をつきお尻を向ける佐々木さんが待ち望んでいて・・・。とっかえひっかえヒロイン達を犯し続けます。

イかされすぎて足がバカになったのか、壁に寄りかかって蹲る佐々木さん。その様相に配膳に来た中居さんもビックリです。


ギャル達をイカせ続けることはや○時間、ようやく解放された主人公。待ちに待った温泉に入れる、かと思いきや、道中で胡桃坂さんに出会ってしまい・・・。

連戦で疲弊しきった身体は「もうムリ!」だと叫んでいるのに、胡桃坂さんの甘いささやき一つでギンギンに勃起させられてしまう。理性をどろっどろに溶かされて、「はい」か「うん」しか言えない傀儡になってしまう。求められるまま、激しく舌を絡め合い、されるがまま耳を舐められ、言われるがまま精子を吐き出し、性に溺れてゆく。恐ろしいまでに蠱惑的で魔性な女でした。


その様子をしっかり見ていた他ヒロイン。抜け駆けしたことを糾弾され、パイズリ、対面座位セックスなど、こってり扱かれてしまいます。

そして夜の宴はまだまだ続く・・・。

セックスモンスターと化した主人公!


ヒロインの積極的すぎるアプローチに振り回される気弱男子がデフォルトの主人公ですが、スイッチが入ると、今度は逆にヒロイン達を振り回す狂戦士に豹変します。しかも絶倫体質という鬼に金棒。ヒロインがイキ過ぎて気絶したことにすら気付かず、ただ目の前の膣穴にち〇ぽを突き入れることしか頭にないと言わんばかりに犯し続けます。まさに絶倫竿男の面目躍如。掛け値なしにセ〇クス以外の描写が無いんじゃないかと思えるほど2p、3pのエンドレスでした。


そして逆転シチュの醍醐味であるヒロインの反応の変化。それまで余裕を見せていたヒロインが、見るからに人畜無害な軟弱男子に言葉も紡げないほど喘ぎまくって絶頂させられる。そのギャップ溢れる変わり様に、抜き手が止まらなくなること請け合いです。

ヒロイン達の意外な一面(本性)にも必見 !


例えば、主人公に負ける気0だった佐々木さんの場合。前作でも片鱗を見せていましたが、続編では気絶するまでイカされまくる全戦全敗のチョロインに成り下がりました。足をガクガクいわせて痙攣する彼女の姿が本当にいじらしくてそそります。

あと彼女にだけおまけが用意されていますが、完全に即堕ち漫画です。


主人公とのセックスに全然興味を示さなかった胡桃坂さんの場合。三人の中でも最も理性的だと思われていた彼女ですが、実は三人の中で一番ドスケベ。二人きりになった途端、冷たい仮面を脱ぎ捨て、心を許した男にだけ素顔を曝け出します。その素顔は一言で濃艶。言葉にも振る舞いにも理性を侵す魔性の力が宿っていました。


特に意外だったのが、肉食一強の男勝りヒロインの浜崎さん。荒々しい言葉遣いや姉御気質なところは依然として残っていますが、主人公を見る目が完全に恋する乙女のソレになってしまいました。男よりも男らしい浜崎さんがですよ、目に♡を浮かべながら普通の女の子みたいな顔して「見つめ合いながらキスしようぜ?」なんて言ってくるわけで・・・。他のヒロインよりも異性を意識しにくいだけに、ふとした瞬間に感じる女の部分が恐ろしいほど際立っていて、控えめに言って悶死です。反則級に可愛すぎました。


ギャル達とのセ〇クス三昧な日常を描いた本シリーズ。すでに続編の構想があるようで、今からワクワクが止まりません。

のり御膳 関連記事

【まとめ買い】OVERDRIVE選べる5本で6,960セット!
おすすめの記事