【同人レビュー】「みだらな日常 3」(むちむちねこ)

「みだらな日常 3」レビュー・感想

みだらな日常 3


むちむちねこのオリジナル同人CG集のようなイラスト集第三弾「みだらな日常 3」が配信されました。かの有名ならむち先生の作品。清楚系ど変態娘や好きな男の子に尽くすタイプの女の子、押しに弱い大人し娘、ちょろ甘ツンデレ娘など、様々な属性ヒロインとのえっちな日常だけを切り抜いた作品。今回のメインヒロインは「好きな男の子に尽くすタイプの女の子」です。作画のクオリティが極めて高いのは論を俟たないとして、シーン描写がとにかく良質です。CG1枚1枚が宝の地図ならぬ性癖の地図と言った感じで、至る所に性癖を射抜くポイントが点在していて抜きどころの連続。シーン1つ1つは短尺ですが、まさに「量より質」で、それが気にならないほどの質を兼ね備えていました。

第三弾と言うことで購入を躊躇う人もいるかと思いますが、前作を買ってないから話が分からないと言うことにはならないので、あまり気にする必要はありません。むしろヒロインの選択幅が増えた本作から購入するのもお得感があって良いかも。個人的に今一番熱い作品です。


好きな男の子に尽くすタイプの女の子の場合


今回のメインヒロインである銀髪ちゃん。えっちには積極的で主人公に気持ち良くなってほしいという一心で恥ずかしい要望にも嫌な顔一つせず応え、精一杯奉仕してくれます

例えば、とある日の朝の話。貴方の要望通りに制服をぐいっとたくし上げるヒロイン。うっすらと汗ばんだ胸元や可愛らしいデザインの下着姿の露出に勃起した貴方の反応を見て、嬉しそうに筋裏をぺろぺろと舐め始めます。ぱんぱんに膨らんだ玉袋の感触に早く射精したいという貴方の気持ちを汲み取ると、躊躇いなく喉奥までぐっぽり咥え込み、ぢゅぶぢゅぶと激しい水音を立てながら誠心誠意尽くしてくれます。最後の奉仕も忘れません。勢いよく飛び出た精液を口で受け止め、零したら勿体無いとリスのように頬張ってごっくんしてくれます。


とある日の夕方の話では、貴方の上に跨って精一杯の腰使いで奉仕しようとしてくれます。肉棒が齎す快楽に負けそうになりながらも頑張って奉仕する健気な姿を見ていると、その頑張りに応えてあげたくなってきます。そんな気持ちが乗り移ったかのように、貴方はおもむろにヒロインの腰をぐいっと掴むと下から腰を打ち付け、形勢逆転。制御を失った快楽の奔流に決壊寸前のヒロインが耐えられるはずもなく、潮を吹いて可愛らしくイってしまいます。

ヒロインを気持ち良くしてあげたいという気持ちは1度の絶頂では収まりません。今度は後ろから激しく腰を打ち付け、責め立てます。ただでさえイったばかりで敏感なのにイク前よりも激しく責められて、立ってるのが精一杯な様子のヒロイン。そんな満身創痍な状態でも絶対に「ヤめて」「ダメ」とは言わず、「このまま膣内にっ♡奥にくださいっ♡♡」と貴方の全てを受け止めてくれる。根っからの尽くす系ヒロインでした。

例で挙げたように、シーンにはヒロインの属性がしっかりと反映されています。またリアルの感情と連動するシチュエーションが多く、そのまま感情移入に繋がることもあり、抜きやすさが段違いでした。また主人公が没個性(喋らない竿役)なので、純粋にヒロインの可愛さだけを感じられたのも好印象でした。


既存ヒロインたちも負けてない!!


本作には過去登場したヒロイン達のシーンも用意されています。圧倒的ヒロイン力を見せつけた今回のメインヒロインたる銀髪ちゃんですが、既存ヒロイン達も負けてません。今まで積み重ねてきたえっちの数だけ性長する既存ヒロイン達の魅力は、一作目よりも二作目、二作目よりも三作目と倍化していました。巻数ごとに新たな一面を見せる既存ヒロイン達から目が離せません。


例えば、前作ではえっちに否定的だった茶髪ヒロインちゃんの場合。貴方とのえっちの感触が忘れられず悶々とするヒロイン。疼きが収まらない自分の身体に戸惑いながらも、どうにかしようと本能的にあそこに手を伸ばし、自らを慰め始めます。最初は控えめだった指使いは、感情の昂りに合わせて次第に大胆なモノへと変わっていき、可愛らしく潮を吹いてイってしまいます。


また別話のある日の休日では、貴方のクンニがあまりの気持ち良くて、ついオナニーと比較してしまいます。本当の快楽を知ってしまったヒロインはもう抗えません。自分から「おちん〇ん、挿入れて・・・えっ♡奥にっ♡ほしいんです・・・ぅっ♡」と貴方のモノを求めてしまいます。久しぶりの肉棒の感触に目に♡を浮かべて善がるヒロインは、すっかり貴方の虜になってしまった様子。それどころか貴方の後ろに手を回し、ぎゅーっと抱き着いて離れようとしません。最後の瞬間すら離れようとせず、中出しの感触を膣奥で感じながらうっとりとした表情を浮かべていました。


ヒロインの性長はまだ止まりません。足りないのか、貴方の前に跨ってもう一回おねだりしちゃいます。今度は手だけでなく足までぎゅーっとしがみついておちん〇んを離したくないと意志表示。好きの気持ちを喘ぎながら二度目の中出しと一緒に絶頂します。膣から零れ堕ちる精液に嬉しそうな表情を浮かべて余韻に浸っていました。

性の否定から肯定への反転、そして前作とは見違える反応のギャップ感が堪らない流され系ヒロインでした。素直になったとは言え、まだまだ性長の余地があるのでこの先も期待大です。


そして、本シリーズの古参ヒロインである金髪ちゃんと黒髪ちゃんの場合。金髪ちゃんはツンデレチョロインっぷりに、黒髪ちゃんはど変態っぷりに、より一層磨きが掛かっていました。本作では各々のシーンが1枠ずつ用意されている他(連続絶頂で疲れ果てたヒロインに追い打ちプレイ、玩具を使った意地悪プレイ)、今回から既存ヒロインによる絡み、待望の3Pえっちが用意されていました。金髪ちゃんが貴方とえっちしている間、黒髪ちゃんが乳首を吸ったり、クリを弄ったりして絡んできたり、サンドイッチえっちでクリを擦り合って一緒に絶頂したりなど、もはや感謝の言葉しか出ないような最高のシチュエーションでした。

後書きには今後も百合シチュを考えているとあり、誰と誰を組み合わせるか、皆まとめてハーレムえっちなど、色々と期待できそうです。

むちむちねこ 関連記事

【まとめ買い】OVERDRIVE選べる5本で6,960セット!
おすすめの記事