【同人レビュー】「後輩にヤらせてくれないかと土下座でお願いした。」(PINK POISON)

「後輩にヤらせてくれないかと土下座でお願いした。」レビュー・感想

後輩にヤらせてくれないかと土下座でお願いした。
加速度的に可愛くなっていく後輩ヒロイン!


PINK POISONのオリジナル同人CG「後輩にヤらせてくれないかと土下座でお願いした。」が配信されました。援助交際していた所を教師に見られ、脅されて性行為を強制されていた後輩の姿を偶然目撃した主人公が居ても立っても居られず、百万片手に一度でいいからヤらせてほしいと土下座で懇願する話。

ストーリーがとても丁寧に展開されていて、なおかつ膨大な量のテキストには状況描写がつぶさに記されていてシーン描写を大いに盛り上げてくれます。またキャラクターの心情がしっかりと描写されており、徐々に縮まっていくヒロインと主人公の距離感が掴みやすかったです。作画も掛け値なしに綺麗で、配色も繊細。見た目も中身も可愛らしい美少女ヒロインとして完成されていました。

そういった要素一つ一つが積み重なって構成されたシーン描写が抜けないはずがなくて...。とても良い作品でした。



必至に懇願する主人公を諭して押し止めようとする後輩ちゃん。しかし意思の固さに根負けし、身体に触れない、本番行為をしないという約束で承諾してくれます。


★図書館で生尻...

図書室の一角に連れ込んで事を始めようとするも緊張しすぎて勃起出来ない主人公。彼を射精に導くために仕方なくお尻を見せ、おかずを提供してあげます。それでも足りないのか「触らないから下着も脱いで貰っていい?」と必死の形相でしつこく食い下がる主人公に根負けし、生尻をみせると、興奮のあまり暴走してしまい、生尻に顔を突っ込んでしまいます。勢い余って約束を破ってしまったものの、これもまた仕方なく許してしまいます。この時は時間に余裕が無かったこともあり、射精出来ずに終了。主人公は悶々とした日々を過ごすことになります。

大金を前にして一も二もなく引き受けるのではなく押し止めようとするのもそうですが、なんだかんだで仕方なく許してくれるところに後輩ちゃんの人の良さが滲み出ていました。


★保健室でおっぱい見せ、そして手コキ、フェラチオ。

2回目は保健室で。主人公の辛い様子に同情したのか「サービスしてあげますね」とピンクの可愛い下着を外し、おっぱいをみせてくれます。重量感を備えつつも瑞々しいハリを主張するふわふわの美巨乳を前に呼吸すら忘れて見入る主人公。このままというのも生殺しで可哀想に思ったのか、優しくするならという条件で触らせてくれて...。主人公だけでなく、読んでるこちらも興奮して我慢できなくなるような描写でした。


あまりの気持ち良さに我慢できず射精してしまいそうな主人公を見かねて、「今度は私が..」.と手コキしてくれます。竿を上下に擦るのはもちろん、手の平を亀頭の先端に押し付けてくねくねと回したり、カリ首を指で挟んでくりくり刺激されたりなど、慣れた手つきで責められて、あっさり射精していしまいます。

大量に出したのに全く萎えないのを見て、今度はフェラチオ奉仕。主人公の初心で可愛らしい反応を愉しみながら、亀頭を刺激したり、カリ首を責めたり...。2度目とは思えない射精量と全く萎えず怒張するソレに呆れながらも時間切れ。次に持ち越しです。


手コキ・フェラチオで吹っ切れたのか、行為は段々とエスカレートしていきます。

★後ろから抱き着く形でち〇ぽをシコシコ擦られながら乳首や耳を弄られ言葉責めされるMプレイ
★ちんぽの根元まで飲み込んで強烈な吸引で奉仕するバキュームフェラ
★両胸の間に指を突っ込み開いて穴を作り、挿入を導いてパイズリ

どの描写も作画の美麗さと丁寧な状況描写が相俟って素晴らしく抜けるシーンに仕上がっていました。特に後者はつぶさに描写されていたので、質感や感触など伝わりにくい感覚がイメージしやすく、驚くほど没入できました。個人的にはパイズリのシーンがヤバかったです。


初めてしてあげた時から一カ月が経ち、今では求められるとつい色々としてあげたくなるようになっていました。普段は頼りになる先輩なのに、甘えん坊で子供っぽく、つい抱きしめたくなる衝動に駆られる。最悪な出会いから考えられないほどヒロインは主人公に惹かれていました。


そして遂に...

★部屋に招待し、初めてのえっち

寝付かせた彼女の両足をMの字に開くと、すでに大事な部分は濡れていて...。もっとよく見せてと言うと恥ずかしそうにしながらも指で広げて見せる。敏感なのか、指で隠唇に触れると物凄い反応を見せてくれます。自分の指で喘いでくれるヒロインの反応に心が躍りました

そしていよいよ、ち〇ぽを割れ目に合わせ、挿入。やっと一つになれた喜びと興奮から自然と抽送は激しさを増し、両足を抱き抱えて懸命に腰を振ると、ぎこちない挿入がかえってGスポットを刺激したのか、可愛らしい喘ぎと共に潮を吹いてしまいます。それが嬉しくて、また抽送が激しくなって。乱れ狂う姿を見つめながら一緒に絶頂します。



セックスの気持ち良さに味を占めた二人は互いに求め合い...。

★湯上がりでバスタオル一枚のヒロインを抱き抱え、対面座位。赤ちゃんみたいに乳首を舌で転がしながら一緒に絶頂。
★体位を正常位に変えて無我夢中で抽送。一定間隔で痙攣を繰り返しては彼女の身体に貼り付くゴムが増えていく。(4回射精)
★膝立ちして腰をしっかり掴み寄せ、海老反りのような体勢で生挿入。中出しの感覚に打ち震えながら、子宮口をぐりぐり擦り付けられて絶頂。
★すやすやと眠る彼女に構わず寝バック。体液まみれの陰茎はぐちゅぐちゅと滑らかに抽送を繰り返し、何度目かの射精を迎えます。

★教室にて、机に彼女を座らせ、思いっきり股を開いて生挿入。もう安全日は避妊具なしというのが当たり前になっていました。

★ようやく結ばれた二人。「私が全部しますから...」と言ってお尻を沈めて背面騎乗位。快楽を貪るように激しく陰茎に出し入れして、一緒に絶頂します。

セ〇クスをするようになってからというもの、ヒロインが加速度的に可愛くなっていきます。また最初は情けなくて余裕のない先輩を可愛がる小悪魔的だったのが、えっちする頃には先輩のモノが気持ちよすぎて、すっかり余裕をなくして喘ぎ善がる変わり様にギャップがあってグっと来ます。本当に可愛らしくて抜けました。


サンプル画像が少ないため魅力が伝わりにくいかもしれませんが、本当に良い作品ですので、少しでも魅力が伝わればと思い、丁寧に書かせていただきました。購入の参考になると幸いです。

後輩にヤらせてくれないかと土下座でお願いした。
加速度的に可愛くなっていく後輩ヒロイン!
おすすめの記事