【同人レビュー】「濡れ透けの姪に欲情してしまい……」(ラチマニア共和国)

「濡れ透けの姪に欲情してしまい……」レビュー・感想

濡れ透けの姪に欲情してしまい……
滅茶苦茶に犯されて喘ぎ善がるドMな姪っ子ちゃん


ラチマニア共和国のオリジナル同人CG「濡れ透けの姪に欲情してしまい……」が配信されました。

昔よく面倒を見ていた姪っ子が、事あるごとに転がり込んで来ては何日も居つくようになりやりたい放題。姪の生意気な態度や性欲処理もできない窮屈さに鬱憤が溜まっていく中で、雨に打たれて濡れ透けになった姿にタガが外れ、勢い任せに犯してしまいます。今までの鬱憤を晴らすように犯しまくる主人公。

しかし、姪はどこか妙な様子。主人公も生意気で性欲の捌け口でしかなかった姪がだんだんと可愛く見えてくるようになって...。そんな強姦から始まる純愛物語です。


叔父に犯され、痛い目を見た(処女を散らされた)ことで男の怖さを知った姪っ子ちゃん。反省したのも束の間、罪悪感を感じていることを良いことに増長し、傍若無人な態度をとるだけでなく、明らかに意図的な性的挑発をするようになります。

犯された相手の家に転がり込み、あまつさえエロ挑発を繰り返す。実は姪っ子ちゃん、初めてのセ○クスで、叔父の極太ち○ぽに骨抜きにされていたのです。姪の気持ちに感づいた叔父は、そんなに犯されたいならとお望みのち○ぽでハメ倒し、姪を性欲の捌け口として利用するようになります。滅茶苦茶に犯されて喘ぎ善がるドMな姪っ子ちゃんの可愛らしい反応に必見です。


シーンは着衣4枠、全裸2枠の全6枠。プレイはイラマチオ、パイズリ、クンニ、電マ責め、アナル、オナニーなど一般的なモノは殆ど揃っていました。また1シーンあたりのボリュームはだいたい差分8~10枚程度と一般的なフルカラー同人CG並です。アングルは基本的に1体位につき1アングルです。最後のイチャラブセックスシーンでは定点カメラ視点→ズームといった風に1体位2アングルという例外もあります。

基本的に主人公視点。シーンの際には第三者視点になったりしますが、顔が映らないよう配慮されているので「主人公の存在が気になって没入できない」ということは無かったです。


具体的なプレイ内容は以下の通りです。


▼(着衣)濡れ透けな姪の姿にタガが外れ...
★後ろから胸を揉みしだき、押し倒して乳首を舐る。
★尻を叩いて痛めつけ、下着を剥ぎ取って指マン。
★正常位の姿勢で両足を押さえつけてクンニ。
★一頻りクンニした後、処女ま○こに思いっきり挿入。
★絶頂して敏感になった膣内を責め立て、無責任に膣内射精。

▼(着衣)バスタオル姿で恥部を露骨に見せつけて挑発してくる姪を...
★ソファーに手をつかせて、立ちバック。

▼(着衣)制服姿の姪を...
★ガラス窓に身体を押し付け、立ちバック。
★出しきって性欲を解消したところで嗜虐心は収まらず、お掃除イラマチオでまた射精。

▼(着衣)帰宅すると寝室のドアが開いていて...
★叔父とのセ○クスを思い出しながらオナニー(筋マン)。
★絶頂後に乱入し、お仕置きアナルファ○ク。
★尻穴から零れ落ちる精液を眺めながら、バックで犯す。

▼(全裸)雨に打たれて濡れ透けになった姪とお風呂に入り...
★胸を上下に擦ってパイズリ
★パイズリのお返しに電マを使って膣責め。
★姪の尻を鷲掴み、上下に振って対面座位。

▼(全裸)風呂上がりにリビングでイチャラブセ○クス。
★(定点カメラ視点→ズーム)ソファーに座ってキスしながら対面座位。
★叔父にギュッと抱き着きながら、目にを浮かべて大しゅきホールド。種付けプレスでしっかり中だししてもらいます。


某作品をオマージュしたような作品でしたが、こちらにはこちらの良さがありました。作画も綺麗でムラもなく、基本や差分といった分量面も重畳。思わず襲いたくなる透け濡れな姪っ子のエロさ、滅茶苦茶に犯されて喘ぎ善がるドMで可愛らしい反応も相まって、気持ちが昂るシーンも多く、実用的には問題なく使えました。

展開運びにやや強引さを感じるものの、それ以外は取り立てて気になることは無かったです。

濡れ透けの姪に欲情してしまい……
滅茶苦茶に犯されて喘ぎ善がるドMな姪っ子ちゃん
おすすめの記事