【同人レビュー】「真夏のかげろう」陵辱から始まる純愛(diletta)

「真夏のかげろう」レビュー・感想

真夏のかげろう
陵辱から始まる純愛
dilettaのオリジナル同人CG「真夏のかげろう」が配信されました

ずっと好きだった新体操部の女の子が婚約者のいる顧問教師とヤってるところを偶然目撃した主人公が、動画をネタに肉体関係を強要する話。いつもと同じ陵辱モノですが、いつものdilettaとは違った趣を感じさせる作品です。

※記事の最後にシーン描写・プレイ内容の詳細を記載しました。


本作の物語を一言で表現するなら陵辱から始まる儚い恋愛です。サークルの得意とする陵辱モノですが、いつもの快楽堕ちとは180°違った捻りのある結末には驚かされました。

物語は、画像をネタに肉体を強要され心底嫌悪していたヒロインが、非情になりきれず良心を垣間見せる主人公の為人に嫌悪以外の感情が芽生え始め、そして失脚した教師の境遇や下衆の本性を知り、関係が一変すると言った感じです。動機が聊か弱いようにも思えますが、特別な人を色悪から略奪する様は見ていて気持ちの良いものでした。

読後感もスッキリしていて良かったです。陵辱特有の後味の悪さが苦手な人にも安心して読めるかと思います。


作画もまた一線を画していました。かの有名なゆか先生が担当されており、問答無用で即買いさせる訴求力の高さは流石の一言。表紙やサンプル画像を見てからと言うもの胸の高鳴りが収まらない。とにかくエロい。エロすぎる。男心を掴んで離さない肉感的な身体つきや触れるとどこまでも沈んでいきそうなマシュマロおっぱい、息を飲むような艶のある表情から片時も目が離せませんでした。表紙をデカデカと飾るぴっちぴちのレオタード姿は胸やら鼠蹊部やらが強調されて大変な事になってますし、汗で透け透けになった制服姿も最高です。

しかし、作画は文句をつけることすら烏滸がましいクォリティーだけにシーン描写があっさりとしているのが惜しいです。シーン枠自体は多いですが、さぁこれからと言うところで終わるシーンも多く、昂った感情が行き場を失うなんてことがそれなりにありました。今のままでも抜けないという事は全くないですが、今より一歩先の描写があれば...と物足りなさを感じてしまいました。


ただ短くても良いシーンはあります。例えば夜中の公園でのシーン。恋人のように寄り添って座り、恥ずかしがるヒロインの腕を誘導して手コキさせると、そのまま股間に顔を埋めてフェラチオ奉仕。外見からは想像もつかない下品な水音を立てながら慣れた舌遣いでフェラチオするギャップ感がそそります。

お口の感触を一頻り堪能すると、今度は通りがかったカップルにバレないように股間の前に座らせてこっそり挿入。初めはおどおどしていたヒロインですが、ち〇ぽの感触にビクビクしながら腰使いがどんどん激しくなっていき、挙句人気のある場所だと言うのに喘ぎまくって善がり狂ってしまいます。汗で透け透けになった制服も相まって、作品屈指のエロさを誇る見所となっていました。

シーン描写の短さに思うところはありますが、作画・シチュエーション・シナリオなど総合的には良作と言える作品でした。dilettaでも屈指の作品だと思います。

シーン描写・プレイ内容


★部室で顧問教師にフェラチオするヒロインを目撃する。
★画像をネタにイラマチオ、レオタードをひん剥いて胸を揉みながら正常位(外出し)。
★胸を鷲掴みにしながら立ちバック(ゴムあり)。
★片足立ちのままねちっこく乳首を弄り、手マン。
★鏡の前でクリ責めしながら立ちバック(ゴムあり)。
★パイズリフェラで口内射精。
★公園のベンチでフェラチオ。主人公の前に座り、自分から動いて快楽を貪る(背面座位)。
★保健室のベッドで、尻を鷲掴みにしてバック。射精寸前でゴムを取ってヒロインの身体を精液塗れに。
★ヒロインの部屋に押し入り、無理やり唇を奪い、胸を弄って手マン。
★一頻りクンニしてから正常位。中出しと同時に潮吹き絶頂。
★そのまま抜かずに二度目の正常位中出し。
★対面座位で潮吹き絶頂。最後にキスしてフィニッシュ。

diletta 関連記事

真夏のかげろう
陵辱から始まる純愛

おすすめの記事