【同人レビュー】「日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~」クールな姉のドMな素顔(チンジャオ娘)

【オススメ】「日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~」レビュー・感想

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~
クールな姉のドMな素顔がエロすぎる!
チンジャオ娘のオリジナルコミック「日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~」が配信されました。

性行為に興味津々な思春期真っ只中の男女4人が遊び半分で始めたえっちな勉強に嵌ってゆく話。ジャンル的には片想い寝取られです。より厳密には、主人公であるヒロトが従弟のタケルにAVを見せたのが端緒となり、性行為に積極的な愛実の提案で、ヒロトの姉である涼音とタケル、ヒロトと愛実の二組に分かれてえっち遊びをすることになります。しかし、性に興味津々な少年少女が一度の性交で満足できる筈もなく、むしろどんどんエスカレートしてゆき、日に焼けるまでえっちに耽るようになってしまいます。

※記事の最後に「シーン描写・プレイ内容」の詳細を記載しました。


端的に言って滅茶苦茶抜けました。ただでさえ思春期の男女と性行為の組み合わせは相性抜群というのに、「子供特有の加減知らずで性欲魔人のタケルとのハードな性戯で、滅茶苦茶に犯されて悦び感じまくるドMな涼音に、その光景を見たヒロトが憧れの姉を取られた喪失感と同時に芽生えた歪んだ情欲を愛実にぶつけると言った片想い寝取られの構図」が相俟って、より上位のおかずに昇華していました。この文言でおち〇ちんがふっくらした方なら抜群に使えると思います。特に前者は、増長したタケルに乱暴に扱われているにもかかわらず、満更でもない反応を見せる涼音が滅茶苦茶そそりました。普段はクールで凛としているクセにドMというギャップ感が最高です。


こう書くと従姉の愛実が当て馬みたいで可哀想にも思えますが、主人公は一応、愛実の好意に応えているので、完全に蔑ろにしていると言うわけではありません。ただ主人公が愛実とのセックスよりも涼音とタケルのセックスにご執心涼音贔屓なところがあり、シーン描写の多くは実姉と従弟のセックスに焦点が当てられています。


本作の良いところは、寝取られ特有の「後味の悪さ」がなくスッキリしていること。 離郷後にセックスの快感が忘れられず姉弟で毎日セックス三昧の日々という浮気END」で締め括られています。この後味の悪さに苦手意識のある筆者からすれば、まさにいいところ取りの作品でした。間違いなく今年屈指の作品、胸を張ってオススメします。



シーン描写・プレイ内容


★愛実(日焼け)の提案で涼音(色白)とタケル、愛実とヒロトに分かれてフェラチオ、手マン、クンニ。
★ タケルに夜這いされる涼音を見ながら(キスしながら正常位中出し)、愛実の乳首を吸いながら、夜通し正常位中出し。
★縁側でタケルにバックで犯される涼音、愛実にフェラチオされるヒロト。
★虫取りに来たつもりが、神社で立ちバック。
★タケルと涼音が木陰に隠れてフェラチオ。ヒロトの精液は汚いと言ったのに、タケルの精液はごっくんする涼音。
★河部の岩場で正常位セックス。その後は膣内射精したら口で大きくして挿入の繰り返し。(タケルに「オレの嫁になれ」と迫られ、受け入れる涼音。シックスナインの体勢で乱暴にちんぽを出し入れされながらクリを思いっきり摘まれて絶頂。その様子を見ながら、愛実のフェラチオで口内射精。)
★ヒロトが愛実の告白を受け入れ、イチャラブ騎乗位セックス。
★離郷後にお互いセックスの快感が忘れられず、(隣の部屋からオナニーの声を聞かせたり、バスタオル姿で目の前をうろついたりして誘惑する)姉を襲って浮気セックス。

チンジャオ娘 関連記事

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~
クールな姉のドMな素顔がエロすぎる!
おすすめの記事